香月隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香月 隆(かつき たかし、1934年 - )は、日本の脚本家日本脚本家連盟九州支部長。[1][2]

経歴[編集]

  • 1934年(昭和9年)、ソウル市中区チュンムロ(旧称、京城府本町)に生まれ、その地で育った。
  • 1945年(昭和20年)、11歳のとき九州・佐賀市引き揚げ、のちに福岡市に住む。一時、東京に住むが、郷土福岡市Uターン。2年ほど家業の問屋を経営したが、放送作家業へ転身。以後、故郷の福岡市で50年の間、放送作家業を続けている。[3][4]

主な脚本担当[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • エントロピー(RKBラジオ
  • 空には楽しみが(RKBラジオ)

ドキュメンタリー[編集]

  • からたちの花〜私の愛する荻野綾子へ(KBCラジオ) - 文化庁芸術祭大賞受賞[5]
  • 胡美芳・私の昭和史(KBCラジオ) - 文化庁芸術祭大賞受賞

テレビ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 証言・太平洋戦争から50年〜戦場の父からの手紙(九州朝日放送) - マグノリア賞受賞。[6]
  • 南洋ざくらは知っている〜サイパンの戦争と平和(テレビ朝日) - 脚本・演出
  • 今、女たちが語りつぐ戦艦大和(テレビ西日本) - 文化庁芸術祭大賞受賞
  • 半月の夢〜筑前琵琶に生きる(福岡放送) - 文化庁芸術祭参加作品
  • 三国志ロマン〜諸葛孔明の村を追って(TVQ九州放送
  • 奪われた海〜水俣公害の歴史(テレビ熊本
  • 検証 川辺川ダム計画〜子守唄の里・五木村からの報告〜(テレビ熊本)
  • 断罪の核心〜水俣裁判元熊本地裁裁判長が語る司法の心(テレビ熊本) - ギャラクシー賞FNSドキュメンタリー大賞優秀賞受賞
  • 鉛の霧(RKB毎日放送) - 放送文化基金賞日本民間放送連盟賞最優秀賞
  • 節劇人生きょうも行く(九州朝日放送) - 文化庁芸術祭優秀賞。
  • 風の青春譜-93人の乙女たち(九州朝日放送) - 日本民間放送連盟賞優秀賞

教養・娯楽[編集]

その他[編集]

舞台[編集]

  • 「罪を堕ろすために」3幕4場(電気ホール)作
  • 舞踊劇「肥前の西施~松浦佐用姫」(博多座)作・演出[7]

著書[編集]

  • 【評伝】まぼろしの歌姫 荻野綾子 

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ プロフィール - 香月 隆”. poemq.sakura.ne.jp. 2019年6月22日閲覧。
  2. ^ 2013脚本家年鑑67ページ
  3. ^ プロフィール - 香月 隆”. poemq.sakura.ne.jp. 2019年6月22日閲覧。
  4. ^ プロフィール - 香月 隆”. poemq.sakura.ne.jp. 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ 2013脚本家年鑑67ページ
  6. ^ 2013脚本家年鑑67ページ
  7. ^ 2013脚本家年鑑67ページ

外部リンク[編集]