伊藤悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう さとる
伊藤 悟
生誕 (1953-04-27) 1953年4月27日(68歳)
日本の旗 日本千葉県千葉市椿森
出身校東京大学教育学部卒業
一橋大学大学院社会学研究科中退
職業教育者 構成作家 予備校講師代々木ゼミナールなど)
著名な実績ひょっこりひょうたん島』アーカイヴ
公式サイト伊藤悟 WORKS


伊藤 悟(いとう さとる、1953年4月27日 - 、男性)は、日本の評論家、マルチアクティヴィスト高等学校教師予備校講師ラジオパーソナリティ著作家。自称、他称「ワニ(さん)」。

人物・来歴[編集]

著書[編集]

  • 『開成・東大十四年 「人間」をとりもどす闘いのなかで ある「優等生」の軌跡』 (一光社、1980年
  • 『ラップ・イン・ハイスクール』 (晶文社、1987年)
  • 『高校生の流行学 ティーンズ・ワールド』 (三一書房・新書、1990年)
  • 『ひょっこりひょうたん島熱中ノート』 (実業之日本社、1991年)(復刻版) (メディアパル、2000年)
  • 『ひょうたん島大漂流記 1964→1991』(飛鳥新社、1991年)
  • 『直前これだけ英文法 穴うめ問題篇』(朝日出版社、1993年)
  • 『直前これだけ英文法 長文問題篇』 (朝日出版社、1993年)
  • 『先生の耳はロバの耳: バッドティーチャーズ&グッドスチューデンツ』 (時事通信社、1993年)
  • 『これだけ英文法』 (朝日出版社、1993年)
  • 『男ふたり暮らし ぼくのゲイ・プライド宣言』(太郎次郎社、1993年)
  • 『必勝・これだけ英文法 最新入試傾向対策マニュアル』 (朝日出版社、1996年)
  • 『同性愛の基礎知識』あゆみ出版、1996年)
  • 『同性愛者として生きる すこたん企画奮戦記』明石書店、1998年)
  • 『同性愛がわかる本』すこたん企画編(明石書店、2000年)
  • 『人間の数だけ生き方がある 学校・教育から「アタリマエ」がすり込まれる おとなもこどもも考える「学校」「世間」「性」』 (三天書房、2000年)
  • 『ひょうたん島から明日が見える: ガバチョと未来が変えられる10のヒント』 (文芸社、2003年)
  • 『中高一貫校に行かなくても東大に合格する本: 東大卒・開成首席OBが明かした 脱つめこみ勉強のススメ』(廣済堂出版、2005年)
  • 『3びきのこぶた式世界一ラクラク英語がわかる本』 (廣済堂出版、2006年)
  • 『ヒット曲が世界を変える!』 (雲母書房、2006年)
  • 『大人にも読める思春期ガイダンス』 (明石書店、2007年)

共編著・監修[編集]

  • 『東大一直線』編著 (三一書房、1983年)
  • 『先生!ビンタはむかつくぜ』編著 (三一書房、1984年)
  • 『男と男の恋愛ノート 恋と暮らしと仕事のパートナー・シップ』簗瀬竜太 共著(太郎次郎社、1994年)
  • 『思春期を奪われる子どもたち 「学校」ははたして変わっていけるのか?』やなせりゅうた 共編著. あゆみ出版, 1998.2
  • 『自分らしく生きる 同性愛とフェミニズム』(かもがわブックレット 落合恵子共著. かもがわ出版, 1998.8
  • 『異性愛をめぐる対話』簗瀬竜太 共著(飛鳥新社、1999年)
  • 『多様な「性」がわかる本 性同一性障害・ゲイ・レズビアン』虎井まさ衛 共編著. 高文研, 2002.9
  • 『同性愛って何? わかりあうことから共に生きるために』大江千束,小川葉子, 石川大我,簗瀬竜太,大月純子, 新井敏之共著 (プロブレムQ&A) (緑風出版、2003年)改訂新版「新・同性愛って何?」2017年
  • 『人形劇ガイド ひょっこりひょうたん島2003』監修(日本放送出版協会、2003年)
  • 『10代からのセイファーセックス入門 子も親も先生もこれだけは知っておこう』(プロブレムQ&A) 堀口貞夫, 堀口雅子, 簗瀬竜太,大江千束, 小川葉子共著. 緑風出版, 2005.7

翻訳[編集]

外部リンク[編集]