足立明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足立明(あだち あきら、1936年 - 2012年1月6日[1])は、日本放送作家脚本家劇作家児童文学作家、実業家作詞家島根県仁多郡奥出雲町八川出身[2]。本名、足立昭。

1962年に国連劇脚本に入賞、サンデー毎日への応募脚本を期に東宝演劇文芸部に在籍する[2]。1967年に劇団ピッカリ座を創立、ぬいぐるみ人形劇の創作を行う[2]。多くのテレビアニメの原作脚本を手掛ける[2]。仁田信夫名義にて原作を手掛けることもある。

主な担当番組[編集]

小説[編集]

  • 砂漠の王子とタンムズの樹

脚注[編集]

  1. ^ 「妖怪人間ベム」の放送作家、足立明氏が死去 - 読売新聞 2012年1月11日
  2. ^ a b c d 砂漠の王子とタンムズの樹 紀伊國屋書店ウェブストア 著者等紹介 2018年7月21日閲覧。