前野重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前野 重雄(まえの しげお、1953年2月11日 - )は、日本スポーツグッズ評論家・スポーツグッズ販売店経営者、コラムニストジャーナリスト東京都荒川区出身。台東区立根岸小学校卒。明治大学付属明治高等学校・中学校中退。ハワイ州立大学言論学部、世論誘導学科修了。旧姓は宇野(うの)。オフィス流体力学所属。

人物[編集]

中学3年より雑誌(週刊ポスト女性セブン週刊少年ジャンプ)各誌で取材記者を務め、1968年から安保・全共闘などの公安事件中心に写真とルポを報道。

その後ハワイ州立大学言論学部入学にともないハワイホノルル市へ渡り、1969年9月より同地で女性誌芸能誌各誌(契約)の駐在記者をつとめる。

1974年から2年間、ユナイト映画と契約しハリウッドに移住。16ミリ映画で1970年代のロックシーンを収める(現在のビデオクリップの原型を制作)ため、数々のロックアーティストらに密着・同行しドキュメント撮影する。父の死後日本へ帰国、以来雑誌取材記者としてプロ野球の舞台裏に関わる。

1991年に「前野兆治」名義で執筆した初の長編小説『川崎ドリーム - 川崎球場に客が来た日』は第1回週刊ジャンプ・小説ノンフィクション大賞で一席入選を受賞した(週刊少年ジャンプ増刊『ジャンプノベル』創刊号掲載)。なお、同作は単行本化されなかった唯一の受賞作品である(2010年8月20日自主出版)

開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)に1995年以降、13年間「スポーツ芸能もの鑑定士」として出演したことをはじめ、多くのテレビ番組においてスポーツグッズ関連の鑑定士を務めている。その傍ら、バイク用のシューズで実用新案登録を取得し(1980年代)、さらに東京都荒川区町屋でスポーツグッズ販売店「流体力学」を経営している。

また各企業主催で行われるイベントなどで、鑑定士の目を活かした説明をまじえて繰りひろげる「チャリティオークション」で司会も数多くこなしている。

主な出演番組[編集]

過去の主なレギュラー[編集]

構成担当番組[編集]

ほか、グルメ関係番組での「東京下町グルメ」や「荒川区・町屋」篇での構成も担当した。なお、上記番組内で重雄が取り上げた(浅草のヨシカミ製)「ハヤシライス」がはじめてメディアに取り上げられたのはこの時だった。

著書[編集]

雑誌連載[編集]

外部リンク[編集]