相澤嘉久治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相澤 嘉久治(あいざわ かくじ、1934年 - )は、日本の劇作家放送作家。放送作家名は山形三吉。

人物[編集]

山形県東村山郡山辺町出身。山形県立山形南高等学校卒、早稲田大学第一文学部中退[1]

劇団中央芸術劇場を経て1959年、東京芸術座結成に参加。1969年に同劇団退団。以後フリーの劇作家、放送作家として活動した後、1976年山形県に帰郷。創刊した総合芸術誌月刊『場』が廃刊となったのを機に、マスコミの集中独占の排除を訴える運動を始める。山形県下の山形新聞山形放送によるマスコミ独占状況に批判的な立場から、「マスコミの集中排除運動」の機関誌としての月刊『V』を創刊。

相澤が発行人をつとめた『うぃずY』は、1987年に「NTT全国タウン誌フェスティバル」(現在終了)で大賞を受賞した。

2009年、劇作活動を再開。「月山が見ている」を執筆、上演。

2010年「沖縄県伊江島を思う」を執筆、出版。

2015年戯曲「伊江島」(沖縄県伊江島を思う」改定稿)を月刊素晴らしい山形3月号に発表。

主なテレビ出演[編集]

主な舞台脚本[編集]

主なテレビ台本[編集]

主な著書[編集]

1981年から1989年にかけて、服部敬雄(山形新聞・山形放送)に批判的な立場の書籍を多数編著し、後に『マスコミの集中排除運動の記録』(全5巻)としてまとめられる。いずれも「ぐるうぷ場」発行。

  • 『服部敬雄山形新聞社長・山形放送社長・山形テレビ相談役に問う!』
  • 『山形県民に訴える』
  • 『立ち上がった山形県民』
  • 『新しい山形の建設は…』
  • 『山形が変わった 一つの時代の終焉』山形が変わった 一つの時代の終焉
  • 『北越二十三人衆』(民衆社)
  • 『北方の記録-相沢嘉久治劇曲集I』(場出版局)
  • 『郷土に生きる』(甲陽書房)
  • 『草思庵から』(いちい書房)
  • そば処山形ーこだわりの店55選』(いちい書房)
  • 『これでいいのか、山形県民!?』(いちい書房)
  • 『続・これでいいのか、山形県民!?』(いちい書房)
  • 『続々・これでいいのか、山形県民!?』(いちい書房)
  • 『メディア帝国の恐怖と貧困~マスコミの集中排除運動と早坂茂三~』(いちい書房共著)
  • 月山が見ている』(月刊素晴らしい山形2009年6月号・ぐるうぷ場)
  • 『沖縄県伊江島を思う』(いちい書房)第1部戯曲 第2部戯曲の周辺 第3部戯曲について
  • 『小説・望月優子』を2010年6月から月刊「素晴らしい山形」(ぐるうぷ場)に不定期連載中。

脚注[編集]