不空金剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不空金剛
神龍元年705年 - 大暦9年774年
諡号 不空三蔵
生地 インド南部もしくは唐の涼州
宗旨 密教
善無畏金剛智
弟子 恵果

不空金剛(ふくうこんごう、サンスクリットअमोघवज्र Amoghavajraアモーガヴァジュラ)(705-774)は、の高僧、訳経僧金剛智善無畏によってもたらされた密教を唐に定着させた。真言宗では三蔵法師の一人である事から「不空三蔵」と尊称し、真言八祖の「付法の八祖」では第六祖、「伝持の八祖」では第四祖とする。また「不空」とも略称される。四大訳経家の1人。弟子には含光・慧超・恵果[1]・慧朗・元皎・覚超(六哲)がいる。

生涯[編集]

  • 神龍元年(705年)生まれる。出生地は諸説があり、インド南部[2]とも唐の涼州ともいわれる。父はインド北部出身のバラモンで、母は康国人だった。
  • 開元2年(714年長安で金剛智に師事し密教を学ぶ。
  • 開元29年(741年)金剛智の入寂後に、師の遺言に従って金剛頂経の完本を求めるとともに、勅命により大日経等の密経経典を請求するためにセイロン・インド南部に渡るとともに、インドの龍智阿闍梨のもとに派遣されて、胎蔵・金剛両部にわたる伝法灌頂すなわち五部灌頂を伝授された[2]
  • 天宝5年(746年)に長安に帰る。
  • 天宝14年(755年)、安史の乱をきっかけに 精力的に教化活動を行い、安禄山洛陽を支配すると、不空は勅命により西京長安に帰り、大興善寺に住して灌頂の壇を築き、調伏の修法を行なった[2]。これにより、唐朝の帰依を集めた。
  • 大暦9年(774年)入寂。

四大訳経家[編集]

110部143巻もの経典を漢訳し、鳩摩羅什真諦玄奘三蔵とともに、四大訳経家と呼ばれる。宿曜道の所依の教典『宿曜経』なども、不空が翻訳したものである(著者説もあり)。

脚注[編集]

  1. ^ 空海の師であり、長安青龍寺で密教を空海に伝法した。
  2. ^ a b c 真言宗|歴史|八祖

関係論文[編集]

関連項目[編集]