訳経僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

訳経僧(やっきょうそう)は経典翻訳に従事する。特に、中国においてサンスクリットの経典を漢訳する僧をさすことが多い。鳩摩羅什玄奘三蔵などが代表的。霊仙三蔵のような、日本人の訳経僧もいる。『梁高僧伝』の撰者である慧皎は十科の分類を行なった際、その筆頭に訳経の僧を挙げており、道宣の『唐高僧伝』、賛寧の『宋高僧伝』などの高僧伝類に、その分類が受け継がれている。

なお、チベット仏教において、サンスクリットからチベット語への翻訳を行った訳経僧(訳経師・訳師)は、ロツァワ(lotsawa, チベット文字ལོ་ཙཱ་བワイリー方式lo tsA ba)と呼ばれ、代表的な人物として、ヴァイローツァナリンチェン・サンポ英語版マルパ・ロツァワ英語版などがいる。

主な人物[編集]

二大訳聖

四大訳家
上記二人に加え、

その他

年代順訳経僧一覧[編集]

後漢[編集]

三国-西晋[編集]

五胡十六国[編集]

南北朝[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

  • 施護: Dānapāla, ダーナパーラ)

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]