宋高僧伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宋高僧伝』(そう こうそうでん)は、五代北宋初期の高僧の伝記を集めた書物のことである。30巻、北宋の賛寧による奉勅撰。988年端拱元年)の成立。

概要[編集]

慧皎による「高僧伝」、唐の道宣の手になる「続高僧伝」の後を継いで編集されたもので、982年太平興国7年)の太宗の勅命による撰修である。その後、7年間かけて、正伝533名、附伝130名の伝記を編纂して成ったのが本書である。但し、「続高僧伝」に漏れていた唐以前の僧の伝記も若干ではあるが収められている。下限は、本書成立の前年没の、宋初期の僧の伝記である。ただ、その中心となるのは、唐代の僧の伝記であり、書名の「宋高僧伝」というのは、内容を指すものではなく、その成立を指して付けられた書名であるため、注意が必要である。

十科分類[編集]

体裁は「続高僧伝」にならい、全く同様の十科分類をしている。

  1. 訳経
  2. 義解
  3. 習禅
  4. 明律
  5. 護法
  6. 感通
  7. 遺身
  8. 読誦
  9. 興福
  10. 雑科声徳

特色[編集]

撰者である賛寧は、宋朝による中国統一前は、仏教を尊崇したことで知られる十国中の呉越国の僧であったため、蒐集された資料は華中華南に偏る傾向がある。さらに、編纂時に基づいた資料は、塔銘・碑銘や野史の類いに及んでおり、中には貴重な資料も含まれているが、その反面、信憑性に乏しい記載が含まれていたり、編集ミスと思われるような誤った記述も見られることがある。その扱いには十分注意する必要がある。

ただ、中国の仏教が隆盛を極めた唐代を中心とした仏教史の研究上、不可欠であり第一級の史料であることには変わりない。

テキスト[編集]

日本語訳[編集]

  • 『大乗仏典 中国・日本編14 高僧伝』 諏訪義純・中嶋隆蔵編訳(東京中央公論社, 1991年)

参考文献[編集]