浮陀跋摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浮陀跋摩(ふだばつま)は、仏教であり、西域から中国に来て『阿毘達磨大毘婆沙論』の部分訳六十巻を翻訳した訳経僧

名前は、サンスクリット語で「Buddhavarman」と呼ばれ、「佛陀跋摩」とも音写され、「覚鎧」と漢訳される。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]