観賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

観賢(かんげん、斉衡元年(854年)- 延長3年6月11日925年7月4日))は、平安時代中期の真言宗。俗姓は秦氏とも伴氏ともされ、出自については不詳である。讃岐国の出身。般若寺僧正とも称される。

略歴[編集]

貞観14年(872年真雅について出家・受戒し、聖宝より三論真言密教の教学を学んで、寛平7年(895年)に灌頂を受けた。昌泰3年(900年)に仁和寺別当となり、その後は弘福寺別当・権律師・東寺長者・醍醐寺座主・金剛峯寺検校を歴任し、延長元年(923年)には権僧正に任じられた。この間、般若寺を創建し、また奏請して空海弘法大師の号を賜ったほか、高野山宝亀院を建立するなどし、空海がから請来した「三十帖冊子」を東寺の経蔵に納めて以後代々の真言宗長者の相承とするなど、東寺を中心として真言宗の再編を行った。