宝亀院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宝亀院
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山294
位置 北緯34度12分41.3秒
東経135度34分41.8秒
座標: 北緯34度12分41.3秒 東経135度34分41.8秒
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 延喜21年(921年
開基 醍醐天皇
札所等 新西国三十三所観音霊場 第6番
文化財 十一面観世音菩薩(重要文化財
世界遺産
地図
宝亀院の位置(和歌山県内)
宝亀院
法人番号 3170005004943
テンプレートを表示

宝亀院(ほうきいん)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある仏教寺院宿坊高野山真言宗別格本山。御衣寺(おころもでら)宝亀院とも。本尊十一面観世音菩薩新西国三十三所観音霊場 第6番霊場。

ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素。

歴史[編集]

延喜21年(921年)10月21日の夜、醍醐天皇の枕元に突如として髪や髭が伸び放題で、袈裟や衣も汚れて破けている姿の 空海が現れた。そして「高野山 結ぶ庵に 袖朽ちて 苔の下にぞ 有明の月」と歌うとその姿を消してしまった。驚いた醍醐天皇は以前から東寺長者観賢僧正が空海に大師号を授けてほしいと訴えていた事もあり、10月27日に空海に弘法大師の号を授け、中納言藤原扶閑勅使として高野山に遣わした。

すると、11月5日の暁になって高野山奥の院の空海御廟の前で祈っていた観賢の眼前に、髪や髭は伸び放題で袈裟や衣も汚れて破けている空海が現れた。そこで観賢は空海の髪や髭を剃って奇麗にし、新しい袈裟と衣に着替えてもらった。そしたら空海は喜んだのか消えてしまった。これ以来、毎年空海の命日である3月21日には新しい衣を奥の院の弘法大師御廟に供えている。

この報告を受けた醍醐天皇はさっそく観賢を開山として高野山内に勅願寺を建立することにした。空海が宝亀5年(774年)6月15日に生まれたことから寺の名前は宝亀院となった。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

その他[編集]

行事[編集]

  • 3月17日 弘法大師御衣加持 衣を観賢が掘った井戸から汲んだ水に染めて加持を行う。
  • 3月21日 弘法大師御衣替法要 早朝、奥の院の弘法大師御廟に上記の衣を供えて法要を行う。

参考文献[編集]

  • 新西国霊場会 『新西国霊場法話巡礼第2版』朱鷺書房、2007年。