紀伊路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 紀伊路(大塔山地周辺)

紀伊路(きいじ、古くは紀路〈きじ〉とも)は、熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。

淀川河口の渡辺津摂津国)から一路南下、和泉国を経て、雄ノ山峠を越えて紀伊国に入り、紀伊田辺からは大塔山地周縁部を東進して熊野本宮大社に至り、熊野速玉大社熊野那智大社を結ぶ。

近世までに紀伊田辺以東の部分が中辺路(なかへち)の名で区分されるようになったが(後述)、本項目にて扱う。

概要[編集]

熊野古道の地図。水色線・黄線が紀伊路

紀伊路は畿内と熊野三山を結ぶ参詣道である。熊野古道の中では、伊勢路と並んで梁塵秘抄に詠われたように最も古くから知られた道であるが、摂津国・和泉国では和泉山脈葛城山脈に、紀伊国では紀伊山地と紀伊山地に源流をもつ河川に制約され、決して容易ではない困難な道であった。

そのような困難な道であるにもかかわらず、紀伊路は7世紀以降、熊野三山への参詣道として正式なルートとして認識され、や貴族による参詣の隆盛を見た。のみならず、こうした院や貴族による参詣を中心とする平安末期から鎌倉初期にかけての中世熊野詣は徒歩が原則とされ、九十九王子への巡拝が行われた。中世熊野詣の先達をつとめ、参詣ルートの整備や参詣儀礼の指導にあたったのは修験者であったため、困難な修行の道を踏み越えて行くことそれ自体に信仰上の意義が見出されていたのである。

中世熊野詣は、承久の乱において主たる担い手であった院が没落し、院の後ろ盾を得つつ熊野三山を統括してきた熊野別当家が勢力を衰えさせたことで終焉を迎えた。以降、熊野参詣の主たる担い手が東国武士や有力農民にシフトするにつれ、メインルートとしての地位を失った紀伊路の性格も変容し、西国三十三所の巡礼道に組み込まれるに至った。熊野参詣は依然として失われたわけではないが、中世熊野詣のような参詣儀礼は失われ、また困難な箇所を回避するための派生ルートが設けられた。摂津や和泉では熊野街道とも呼ばれたように、紀伊路は幹線道路として沿道住人の生活道路であり、政治・経済上の役割をも担っており、近代以降の国道整備においても、紀伊路のルートがしばしば踏襲された。

淀川河口の渡辺津(摂津国)を発った紀伊路は、和泉山脈から派生した和泉丘陵先端部の湧水帯線沿いに紀州街道とほぼ平行して進み、今日の阪南町付近で丘陵越えに方向を転じる。同じく丘陵越えに転じた紀州街道と合流して雄ノ山峠を越えて紀伊国に入る。紀ノ川で中央構造線を南に越えると、そこからは紀伊山地から派生した地形が続き、紀伊山地に源流を持つ紀ノ川有田川日高川といった河川を渡りながら紀伊田辺に着く。田辺からは東進し、岩田川河谷を経て滝尻からは大塔山系北縁部を東進して熊野本宮大社に至り、熊野速玉大社・熊野那智大社を巡拝する道へ進む。

前述の通り、紀伊路は信仰の道であるだけでなく生活の道でもあり、近代以降においても利用され続けた。しかし、より容易かつ自動車の通行が可能なルートが開削されるとともに幹線から外れ、集落の中を通っていた道も旧状を失ったり、道ではなくなった箇所も少なくはない。しかし、1978年昭和53年)に文化庁により大阪府和歌山県の熊野参詣道、すなわち紀伊路が「歴史の道百選」に選定されたことを機に、改めて紀伊路のルートと歴史に関する調査結果が集成された。またこの調査から派生して、旧状をまとまってよくとどめられている中辺路町(田辺市中辺路町)以東の紀伊路はルートの復元と整備が行われたことにより、不完全であるにせよかつての参詣道をたどることが可能になっている。

紀伊路の道[編集]

紀伊路のルートとその周囲の名所・旧蹟・遺跡等について記述する。

窪津から雄ノ山峠越え[編集]

中世熊野詣においての院や貴族たちがたどったルートに従うならば、京都から舟で旧淀川河口まで下って渡辺津付近で上陸するところから参詣道がはじまる[1]。摂津から南下して紀伊の山口に至る道は、平安時代以降は南海道であった。南海道は遷都などの事情により数度にわたってルートが変更されており、奈良時代までは紀ノ川河谷を西進して紀伊国府に至り、淡路阿波とすすむが、中世熊野詣の時代には官道である南海道を利用していた[2]

旧淀川河口付近の上陸地から上町台地を南下し、河内和泉の国境を三国峠で越え、和泉国に入る。和泉国において紀伊路のルートを制約するのは、かつての和泉・紀伊の国境、今日の大阪・和歌山県境をなす和泉山脈と和泉山脈から派生した和泉丘陵である。和泉山脈から北に向かって櫛の歯状に伸びる丘陵は和泉平野を広く覆い、その間を開析する河川はいずれも流域面積の小さな河川ばかりであるが、段丘に深いV字谷を形成している[3]。丘陵末端は海岸線との間に海退または隆起により海岸段丘を形成し、この海岸段丘形成の作用と東から西への地形の圧力により河川は屈折を繰り返しつつ大阪湾に流入するまでの間に、沖積平野扇状地を形成する[4]。そうした丘陵の下部や段丘の末端部には湧水帯が見られ、この湧水帯をつなぐ線は丘陵下湧水帯線と呼ばれる[5]。この線に沿って原初的な交通路が成立し、のちに紀州街道・熊野街道となって、各時代を通じて文化を受け入れる幹線となった[6]。しかし、この交通路は南西に進むにつれて、和泉丘陵が海岸に迫って来るために狭められてゆき、阪南市貝掛付近ではついに丘陵先端が海に落ち込むことになる[4]。それゆえ、交通路は海岸線を通るか、丘陵上に上がるかを選択せざるを得なくなるが、古代後期以降の主要交通路となるのは後者であり、古代以降の熊野街道、近世以降の紀州街道とも丘陵に上がり、現在の泉佐野市下瓦屋町付近で合流し[3]雄ノ山峠を越えてゆくことになる。

大阪府内の紀伊路は大阪市内や堺市内では比定が困難であり、特に堺では中世の環濠都市の開発の影響が見られる[7]。旧状を残す箇所と失った部分で差が見られるだけでなく、道でなくなった部分もある[8]。残された道筋もすべて車道となっており、かつて難所として知られた雄ノ山峠も、すぐそばにある阪和自動車道の建設に伴って巨大な切り通しとなり、当時の面影のない舗装道路となっており[9]、「歴史の道」にも選定されず史跡指定も受けていない。

雄ノ山峠から紀伊田辺[編集]

雄ノ山峠より先も、海南インターチェンジ付近・藤白神社に至るまでは、軽自動車の通れる道幅が大半を占める。

文化財保護[編集]

紀伊路の中でも田辺以東の中辺路は文化財保護法にもとづく史跡「熊野参詣道」(2000年平成12年〉11月2日指定)[10] として指定されており、その後、2002年(平成14年)12月19日に熊野川および湯の峰温泉のつぼ湯が追加指定を受けた[10][11]。中辺路は文化庁による「歴史の道」の指定対象であり、1996年(平成8年)には歴史の道百選にも選定されている[12] が、これは文化財保護を特に目的としたものではなく、公的な文化財保護の枠組みの下におかれていなかった。中辺路を含む熊野参詣道、世界遺産への推薦に先行して日本の国内法に準拠する保護および保存管理の計画を示す必要から登録されたものである[13]。史跡指定により、中辺路の現状を変更する、または保存に影響を及ぼす行為には文化庁長官の許可が必要となった。世界遺産への推薦・登録に際して設けられた緩衝地帯は文化財保護法の対象ではないが、その他の法令や県および市町村の条例による保護の下に置かれている[14][15]

また和歌山・奈良・三重の3県の教育委員会が市町村教育委員会および文化庁と調整のうえで定めた包括的な保存管理計画にもとづき、個別遺産の管理にあたる県ないし市町村教育委員会が個別の保存管理の策定・実施にあたる体制がとられており[16]、保存管理にあたって必要な資金や技術についても政府や県による支援が行われている[17]

[編集]

  1. ^ 小山[2000:27、43]
  2. ^ 小山[2000: 132-133]
  3. ^ a b 大阪府教育委員会[2005: 148]
  4. ^ a b 大阪府教育委員会[2005: 17]
  5. ^ 大阪府教育委員会[2005: 18]
  6. ^ 大阪府教育委員会[2005: 17-18]
  7. ^ 大阪府教育委員会[2005: 42]
  8. ^ 大阪府教育委員会[2005: 159]
  9. ^ 小山[2000:133]
  10. ^ a b 熊野参詣道”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2011年1月18日閲覧。
  11. ^ 田辺市の指定文化財一覧表”. 田辺市教育委員会. 2008年12月20日閲覧。
  12. ^ 文化庁選定「歴史の道百選」”. 文化庁. 2008年3月13日閲覧。
  13. ^ 世界遺産登録推進三県協議会[2005]
  14. ^ 世界遺産登録推進三県協議会[2005: 76-78]
  15. ^ 文化庁 (2006年9月26日). “条約上の資産種別と登録資産の国内法上の指定状況 (PDF)”. 文化審議会文化財分科会世界文化遺産特別委員会(第1回)議事次第. 文化庁. 2011年1月18日閲覧。
  16. ^ 世界遺産登録推進三県協議会[2005: 76、79]
  17. ^ 世界遺産登録推進三県協議会[2005: 79]

文献[編集]

史料[編集]

  • 安楽庵策伝、鈴木棠三校注、1964、『醒睡笑』(上下巻)、角川書店(角川文庫)
  • 神道大系編纂会、1984、『参詣記』、神道大系編纂会(神道大系文学編5)
  • 正宗 敦夫編纂・校訂、1978、『五畿内志 上』、現代思潮社(日本古典全集) ISBN 9784329005786
  • 山口 之夫・出水 睦巳ほか、1996、『熊野案内記と寺内安林』、松原市役所(松原市史研究紀要第6号)
  • 和歌山県神職取締所編、1909、『続紀伊風土記』第三輯、地方帝国行政学会出版部

踏査記[編集]

  • 宇江 敏勝、2004a、『熊野古道を歩く』、山と渓谷 ISBN 4635600335
  • — 、2004b、『世界遺産熊野古道』、新宿書房 ISBN 4880083216 - 宇江らによる2002年の踏査記を含む。

調査報告・研究[編集]

  • 大阪府教育委員会、2002a、「熊野・紀州街道 - 調査篇」、服部・磯村[2005a: 5-140]
  • — 2002b、「熊野・紀州街道 - 論考篇」、服部・磯村[2005a: 141-345]
  • 紀南文化財研究会・熊野歴史研究会編、2008、『熊野古道大辺路調査報告書 - 田辺市から新宮市まで』、大辺路再生実行委員会
  • 小山 靖憲、2000、『熊野古道』、岩波書店(岩波新書) ISBN 4004306655
  • — 、2004、『吉野・高野・熊野をゆく - 霊場と参詣の道』、朝日新聞社(朝日選書) ISBN 4022598581
  • 世界遺産登録推進三県協議会(三重県・奈良県・和歌山県)、2005、『世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道』、世界遺産登録推進三県協議会
  • 服部 英雄・磯村 幸男編、2005a、『近畿地方の歴史の道1 - 大阪1』、海路書院(歴史の道 調査報告書集成) ISBN 4902796333
  • 服部 英雄・磯村 幸男編、2005b、『近畿地方の歴史の道3 - 和歌山』、海路書院(歴史の道 調査報告書集成) ISBN 490279635X

自然誌[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編、1985、『和歌山県』、角川書店(角川日本地名大辞典30) ISBN 404001300X
  • 金田 幸裕・石川 義孝、2006、『近畿圏』、朝倉書店(日本の地誌8) ISBN 9784254167689
  • 平凡社編、1983、『和歌山県の地名』、平凡社(日本歴史地名大系31)

地方誌[編集]

  • 杉中浩一郎、1981、『紀南雑考』、中央公論事業出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]