丹生酒殿神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹生酒殿神社
Niu-Sakadono-Shrine-01.jpg
境内(大銀杏落葉で黄色く染まる境内)
所在地 和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷631番地
位置 北緯34度17分21.2秒
東経135度31分12.0秒
座標: 北緯34度17分21.2秒 東経135度31分12.0秒
主祭神 (主祭神)丹生都比売大神
(配祀神)高野御子命、誉田別命
神体 摂社 鎌八幡宮:櫟樫(イチイガシ)
社格 村社
本殿の様式 木造銅瓦春日造 2殿
木造銅瓦流し造 1殿
例祭 10月21日
地図
丹生酒殿神社の位置(和歌山県内)
丹生酒殿神社
丹生酒殿神社
テンプレートを表示

丹生酒殿神社(にうさかどのじんじゃ)は、和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷に鎮座する神社高野山の麓、紀の川のほとりに位置し、境内社の鎌八幡宮は、御神木を奉献(刺し)し、願掛けをしていた事で知られる。

国の史跡高野参詣道」の構成資産として、丹生酒殿神社を含む「三谷坂」が指定されている[1]

世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する「高野参詣道」の一つとして、丹生酒殿神社を含む「三谷坂」が登録されている[2]

概要[編集]

丹生酒殿神社は、丹生惣神主家伝来の天野大社周辺絵図(高野山大学所蔵)や高野山絵図などで、高野参詣道の三谷坂の登り口辺りに描かれている[3]丹生都比売神社への参詣道であり高野参詣道の一つの三谷坂の起点に位置し、三谷坂は、丹生酒殿神社辺りに住んでいた丹生都比売神社惣神主が丹生都比売神社へ通うために通ったのが起源といわれる[4]。「紀伊国名所図会」に「當社を天野摂社随一として」[注 1]とある。また「紀伊続風土記」には「揔神主歩初と號し三谷大明神へ社参し」[注 2]とあり、「随一」「大明神」という記述から、丹生都比売神社にとって丹生酒殿神社が重要な位置にあったと示されている。また、丹生都比売神社が山上(中腹)に位置し、丹生酒殿神社が麓に位置する事や、先述した丹生都比売神社惣神主が住んでいた事などから、丹生都比売神社は山宮(中宮)に相当し、丹生酒殿神社は里宮に相当すると推定され、かつて丹生酒殿神社は現状以上の重要な地位にあったと考えられている[3]

祭神[編集]

  • 丹生都比売大神 : 天照大御神の御妹神とされ、稚日女命ともいわれる[5]
  • 高野御子大神 : 丹生都比売大神の御子神。狩場明神ともいわれる。高野山の名称は、この名が由来と伝わる[5]
  • 誉田別大神 : 鎌八幡宮祭神として配祀されている[5]

由緒[編集]

丹生都比売大神が降臨したと伝わる榊山の麓に鎮座する。神代の昔、三谷[注 3]の裏山(榊山)に、丹生都比売大神が降臨し、丹生都比売大神の御子神の高野御子大神と共に大和地方紀伊地方巡幸し人々に農耕機織り、糸紬ぎ、煮焚等の衣食に関わる事を教え、最後に天野[注 4]に鎮座したとされ、丹生都比売大神が紀ノ川の水でを醸した事で、丹生酒殿神社と呼ばれるようになったと伝承される[5]1909年明治42年)に兄井村[注 5]に鎮座する鎌八幡宮を合祀。1935年(昭和10年)に丹生都比売神社摂社として合併されるが、戦後に独立し、現在に至る[5]

境内[編集]

参道に、一の鳥居、二の鳥居、境内入口に、三の鳥居が建つ。境内に樹齢800年と伝わる[6]銀杏が有り、11月末から12月初旬にかけ落葉した銀杏の葉で境内が覆われ、境内が黄色に染まる事で知られる。社殿は社務所兼拝殿、本殿が3殿建つ。1804年(文化元年)世界で初めて乳癌手術に成功したといわれる華岡青洲が1834年(天保5年)74歳の時に寄進とされる石燈籠が拝殿前にある[7][注 6]。拝殿より左方に摂社榊山神社、本殿後方の境内地に、摂社鎌八幡宮がありを奉献する御神木がある。境内後方の榊山は、丹生都比売大神が降臨したと伝わる山である。

摂末社[編集]

鎌八幡宮[編集]

概要
願掛け(御神木への鎌の奉献)
  • 本殿後方の境内地に鎌八幡宮の御神体である御神木櫟樫(イチイガシ)があり[12]、御神体である御神木に鎌を奉献(刺す事)し願掛けしていた事で知られる。但し、願掛けは、ポジティブな願いである心願成就等に関してのみであり、ネガティブな怨恨、縁切り等の願掛けは受け付けていない[13]。また、2017年(平成29年)より御神木の保護の為、鎌を刺しての願掛けは行われておらず、絵馬による願掛けのみとなっている[14]。鎌の奉献による願掛けは、1839年(天保10年)に紀州藩により編纂された「紀伊続風土記」に「祈願の者鎌を櫟樹に打入れ是を神に献すといふ 祈願成就すへきは其鎌樹に入ること次第に深く叶はさる者は落つといふ 」と記され[15]、願い事がある者が御神木の櫟樫(イチイガシ)に鎌を打ち込み奉献し、鎌が深く入っていくと願いが叶い、鎌が落ちてしまうと願いは叶わないとされる。

榊山神社[編集]

近隣地区の護国の英霊を祀る。鳥居横に合祀されている護国の英霊の名を刻んだ石碑が建つ。

史跡[編集]

2015年10月7日(平成27)に、国の史跡高野参詣道」の構成資産に、「三谷坂」(丹生酒殿神社を含む)として、指定されている。

※1997年3月6日に「高野山町石道」が史跡指定されたが、2015年10月7日(平成27)に、三谷坂(丹生酒殿神社を含む)、京大坂道不動坂黒河道女人道が追加指定された。その際に、指定名称が「高野山町石道」から「高野参詣道」に、構成資産の高野山町石道は「町石道」に名称変更された[1]

世界遺産[編集]

2016年平成28年)に、丹生酒殿神社を含む「三谷坂」は、「高野参詣道」の一部として、世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産に追加登録されている[2]

かつての高野参詣道の一つの三谷坂は、丹生酒殿神社から丹生都比売神社を経て、高野山町石道に合流し、高野山へ至る参詣道で、平安時代の高野山への表参道といわれ、丹生都比売神社の神主や勅使の道とされた[16]

※2004年7月に「高野山町石道」がユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産の一部として登録されたが、2016年10月24日に、三谷坂(丹生酒殿神社含む)、京大坂道不動坂黒河道女人道が追加指定された際、登録名称が「高野山町石道」から「高野参詣道」に、構成資産の高野山町石道は「町石道」に名称変更された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「天野」とは、丹生都比売神社のこと
  2. ^ 「三谷大明神」とは、丹生酒殿神社のこと
  3. ^ 現、和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷:丹生酒殿神社鎮座地
  4. ^ 現、和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野:丹生都比売神社鎮座地
  5. ^ 現、和歌山県伊都郡かつらぎ町大字兄井
  6. ^ 華岡青洲の出生地が、紀伊国那賀郡名手荘西野山村(現・和歌山県紀の川市西野山)であり、当社から直線距離で7km程度である

出典[編集]

  1. ^ a b 高野参詣道/国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2019年12月28日閲覧。
  2. ^ a b 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の追加登録について”. 和歌山県教育委員会/文化遺産課. 2019年12月23日閲覧。
  3. ^ a b 入谷 2019, p. 53.
  4. ^ 入谷 2019, p. 49.
  5. ^ a b c d e f g h 丹生酒殿神社”. 和歌山県神社庁. 20191223閲覧。
  6. ^ わかやま観光情報”. 公益社団法人 和歌山県観光連盟. 2019年12月24日閲覧。
  7. ^ 歴史の里”. かつらぎ町観光協会. 2019年12月28日閲覧。
  8. ^ 熊手八幡宮”. 多度津町観光協会. 2019年12月23日閲覧。
  9. ^ 弘法大師の産土神「熊手八幡宮」”. 海岸寺. 2019年12月23日閲覧。
  10. ^ 日野西 2008, p. 7.
  11. ^ 2019年12月12日に、現地にて元の鎌八幡宮を確認
  12. ^ 2019年12月12日に現地にて御神木を確認
  13. ^ 2019年12月12日に、現地案内板で確認
  14. ^ 2019年12月12日に現地で確認。願掛け用絵馬は、社務所兼拝殿に置かれている
  15. ^ 紀伊続風土記 第2輯, 巻47 伊都郡 三谷荘 寺尾村「兄居村」。NDLJP:765518/73
  16. ^ 三谷道(勅使坂)”. かつらぎ町商工会. 2019年12月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 入谷和也『はじめての「高野七口と参詣道」入門』セルバ出版、2019年4月19日。ISBN 978-4-86367-486-8
  • (編)仁井田好古 等 (1910). 紀伊続風土記. 第2輯 伊都,有田,日高,牟婁. 帝国地方行政会出版部. NDLJP:765518 
  • 日野西眞定『(1)巡寺八幡について その五/霊宝館だより』(PDF)(公財)高野山文化財保存会 高野山霊宝館、2008年6月30日。2020年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]