賀陽親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
賀陽親王/『前賢故実』より

賀陽親王(かやしんのう、延暦13年(794年) - 貞観13年10月8日871年11月23日))は、平安時代初期の皇族高陽親王とも記される。桓武天皇の第十皇子。官位二品大宰帥

経歴[編集]

嵯峨朝末の弘仁12年(821年四品に叙せられる。淳和朝では弘仁14年(823年治部卿、天長3年(826年中務卿を歴任。天長10年(833年仁明天皇即位後まもなく三品に叙せられ、承和7年(840年大宰帥、承和15年(848年)治部卿に任ぜられる。

嘉祥3年(850年文徳天皇の即位後まもなく弾正尹に任ぜられ、斉衡2年(855年)二品に至る。また、同年に大破した東大寺大仏の修造に当たり、貞観3年(861年)3月には東大寺大仏修理落成供養会を監修している[1]

清和朝の貞観2年(860年)治部卿に任ぜられる。貞観5年(863年)体力の衰えを理由に致仕を願い出るが許されなかった。貞観13年(871年)正月に大宰帥を兼ねるが、2月に抗表を行い長く務めていた治部卿を辞す。同年10月8日薨去享年78。最終官位は二品行大宰帥。

逸話[編集]

今昔物語集』24巻2話に「高陽親王(かやしんのう)」という名で登場する。高陽親王が建てた京極寺の付近の田は、日照りになると水枯れとなり、農民を悩ませていたため、両手に器をもち、水で器が一杯になると顔に水がかかる仕掛けを細工した身長4尺(約120cm)の子どものからくり人形を親王が田に設置したところ、大勢の人が面白がって水を掛けたため、その田は日照りの最中でも水不足になることはなかったとある。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本三代実録』貞観2年4月8日条
  2. ^ 『日本文徳天皇実録』斉衡2年3月13日条
  3. ^ 『日本三代実録』元慶8年8月27日条
  4. ^ 『日本三代実録』貞観8年正月24日条
  5. ^ 『日本三代実録』元慶4年2月6日条

参考文献[編集]

外部リンク[編集]