高階栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高階 栄子

出生 仁平元年(1151年)?
死去 建保4年(1216年
配偶者 平業房
  後白河天皇
子女 山科教成覲子内親王、ほか
父親 澄雲
母親 平政子(若狭局)
テンプレートを表示

高階 栄子(たかしな の えいし / よしこ、仁平元年(1151年)? - 建保4年(1216年))は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての女性。父は法印・澄雲とも上座・章尋とも言われている。母は、建春門院の乳母である平正盛の娘・政子(若狭局)とする説がある[1]。通称は丹後局

生涯[編集]

後白河法皇の側近であった平業房の妻となる。そしてこの間に権中納言となる山科教成藤原実教の猶子)ら数名の子供を生んだ。しかし治承三年の政変平清盛によって後白河法皇が鳥羽殿に幽閉されると、法皇の側近であった業房も解官の上、伊豆国に流罪に処された。しかし業房は脱走しようとしたため、怒った清盛の捜索によって捕らえられ、福原において処刑された。

業房の死後、丹後局は鳥羽殿に幽閉された後白河法皇に近侍する。もともと美貌の持ち主だったらしく、たちまちのうちに法皇の寵愛を得た。養和元年(1181年)10月には法皇の皇女・覲子内親王を産んでいる。同年閏2月の清盛の死去もあって、これを契機に丹後局は法皇の寵愛と信任を得た第一人者となり、政治にも介入するようになる。『玉葉』では右大臣藤原(九条)兼実が丹後局のことを「朝務は偏にかの唇吻にあり(この頃の政治は彼女の紅唇ひとつに左右される)」と言及している。朝廷の公卿たちには楊貴妃に異ならないありさまと例えられるほどであった。

寿永2年(1183年)7月、源義仲の攻勢の前に平氏が安徳天皇を奉じて都落ちした。8月、法皇は安徳天皇を廃して新たな天皇を擁立しようとしたが、このとき後鳥羽天皇を立てるように進言したのが丹後局であったと言われている。平氏滅亡後の文治2年(1186年)からは鎌倉源頼朝との顔役となり、大江広元と何度も交渉に当たっている。文治3年(1187年)2月には従三位に叙された。建久2年(1191年)6月、覲子内親王に院号宣下があって「宣陽門院」となると、丹後局は従二位となる。

建久3年(1192年)、法皇が崩御すると、丹後局も出家する。しかし法皇の遺言により山科に所領(山科荘)を与えられた丹後局は、同じく遺言により長講堂領を与えられた宣陽門院と共に、なおも政治に介入する。法皇の死後、朝廷では頼朝を後ろ盾とする九条兼実が権勢を誇ったが、この兼実に反発する一派が土御門通親や丹後局らと手を結んで対立する。

丹後局は頼朝とも親密な関係にあったらしく、頼朝とは常に進物を贈りあいしているというしたたかさもあった。しかし頼朝が娘の大姫を後鳥羽天皇に入内させようとしたことには消極的であり、土御門通親と共に九条兼実を失脚させることに成功した。これを建久七年の政変という。その後、朝廷の実権は若年の後鳥羽天皇に代わって丹後局と通親が掌握したが、建仁2年(1202年)に通親が死去し、さらに後鳥羽上皇が本格的に院政を開始すると、丹後局の威信は急速に失墜する。

その後、丹後局は朝廷から去り、亡き夫・業房の所領にあった浄土寺に住んだ。このため、「浄土寺二位」と称されたという。

没年は異説も多いが、建保4年(1216年)2月(もしくは3月)が有力となっている。遺領の山科荘は次男の教成が相続し、これ以降教成の子孫は山科家の家名を名乗るようになる。

一族と建春門院滋子との深い関係[編集]

高階栄子の伯母にあたる若狭局は、後白河天皇女御・建春門院平滋子の乳母であった。彼女は平滋子が女御となった時以来正式に内裏女房となっており、滋子崩御ののちでもなお、「東宮・安徳(滋子の孫)の乳母の如し、執権の人なり」といわれるほど権勢の地位にあった。また、若狭局と同じく高階栄子の伯母の大和、肥後、肥後の娘の三河(建春門院の寵愛を受けた)、栄子の姉の周防、従姉妹の武蔵、武蔵の娘の常陸、和泉、伊賀の少なくとも8人が建春門院付きの女房であった[2]

作家・杉本苑子は、若狭局の母である栄子の祖母は平氏の出であって、その縁で滋子の乳母となったのではないかと推量している。また、栄子自身このつながりから天皇ないし女御・滋子に早くから仕え、その美貌と聡明な立ち居振る舞いによって、法皇に少なからず関心を抱かれていたのでは、と推測している[2]

業房との結婚年の推測[編集]

竹内理三は、建久2年(1191年)に行われた栄子の五十講逆修を重視し、この年に栄子が50歳と推定した。これに対し杉本苑子は、「五十講」に対し経典を講ずる日数によって区別されるものであり、また逆修とは生前にあらかじめ自らのために、あるいは後世のために仏事を修して冥福を祈ることであって、平安時代も末期になるほどこのような例は盛んに行われているとして、逆修日と施主の年齢は関係がないと解釈している[2]。生没年が明らかである次男教成と、官位の進み具合、婚姻事情から類推して、結婚年は長寛1年か2年(1163年 - 1164年)頃、また栄子の誕生は久安5年(1149年)頃のことと推測している[2]

関連作品[編集]

テレビドラマ
漫画

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 西井芳子「丹後局」『政権を動かした女たち』、人物日本の女性史第5巻、集英社、1977年7月25日。 
  • 古代学協会 編 『後白河院-動乱期の天皇-』吉川弘文館、1993年2月。ISBN 978-4-642-02262-0 

関連項目[編集]