相浦紀道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相浦紀道

相浦 紀道(あいうら[注 1] のりみち、天保12年6月23日1841年8月9日) - 1911年明治44年)4月1日)は、日本の海軍軍人政治家華族。最終階級は海軍中将貴族院議員従二位勲一等功三級男爵。旧名、忠一郎。

経歴[編集]

先祖は平安末期、松浦郡相神浦(現在の佐世保市相浦)から佐賀多久に移住した松浦党の相神浦(あいこうのうら)氏。以後、姓を相神浦から相浦と名乗る。[要出典] 佐賀藩士・相浦蕃慎の長男として生れる。藩校弘道館で学び、佐賀藩海軍に入り、戊辰戦争に従軍。

1869年、「延年艦」副長となり、「長鯨丸」「飛隼丸」の各船長、「日進」乗組などを歴任。1871年、海軍大尉に任官。「摂津艦」「雲揚」「龍驤艦」の各艦長などを歴任。1873年3月、水路寮出仕、水路寮測量課長、海軍兵学校次長などを務めた。

1879年9月、現場に復帰し「筑波」艦長となり、以後、「金剛」「扶桑」の各艦長を経て、1885年12月に海軍少将となる。常備小艦隊司令官、兵器会議議長、技術会議議長、海軍省第2局長、常備艦隊長官、佐世保鎮守府長官などを歴任、1894年7月、警備艦隊長官となり、警備艦隊が西海艦隊と改称し日清戦争に従軍。その功により、1895年8月、男爵を授かる。

1894年12月、旅順口根拠地司令長官に就任し、1895年2月、海軍中将に昇任。さらに横須賀鎮守府司令長官、常備艦隊長官 、佐世保鎮守府司令長官、二度目の横須賀鎮守府司令長官を歴任した。1900年5月に待命となり予備役に編入。1905年10月19日、後備役となる[1]1909年6月23日に退役した[2]

1904年7月、貴族院男爵議員に選出され、死去するまで在任[3]勲一等旭日大綬章を受章した。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 養嗣子 相浦六之助(早田雲平四男、1889年離縁)[11]
  • 長女 相浦武子(六之助の妻)[11]
  • 継嗣(孫):相浦助一(六之助の子息、1911年5月1日男爵襲爵、1943年11月爵位返上)[11]
  • 弟:相浦多三郎陸軍少将)[11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、1頁では「あいのうら」としている。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第6694号、明治38年10月20日。
  2. ^ 『官報』第7798号、明治42年6月24日。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』61頁。
  4. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  5. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  7. ^ 『官報』第3430号「叙任及辞令」1894年12月3日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  9. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  10. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  11. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、1頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。