新井有貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新井 有貫
Arai Yukan.jpg
生誕 1849年12月24日
死没 (1909-12-01) 1909年12月1日(59歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1872年1907年
最終階級 OF-7 - Kaigun Chujo (collar).gif海軍中将
テンプレートを表示

新井 有貫(あらい ありつら/あらい ゆうかん、1849年12月24日嘉永2年11月10日) - 1909年明治42年)12月1日)は、日本の海軍軍人。運用、航海の大家で三浦功(以下「三浦」)とともに海軍士官の目標とされる存在であった[1]。旧名は鐘吉。最終階級は海軍中将

生涯[編集]

第1回遠洋航海参加生徒。前列左から雪下熊之助上村彦之丞、後列左4人目内田正敏山本権兵衛、9人目片岡七郎サンフランシスコで撮影)。

幕臣出身[2]江戸幕府御船方[1]の経歴を有し、1872年(明治4年)12月19日、海軍兵学寮13等出仕として海軍に入る。兵学寮は新井に船具運用を担当させる目的であった[3]山本権兵衛が幼年生徒初期、上村彦之丞日高壮之丞が壮年生徒初期として在学していた時期である。初期の兵学寮では学科教育とともに、英海軍から招聘したダグラス少佐らの実地教育が重視され、同年12月15日に「筑波」が兵学寮所属練習船となる。新井は同艦乗組みとなり、長期にわたり在校生の指導にあたったのである。同艦は1875年(明治8年)に最初の遠洋航海にも使用され[4]、帰国後は西南戦争に従軍した。1884年(明治17年)に同艦艦長心得となり、翌年「日進」艦長(少佐)に転じるまで「筑波艦」勤務が続いた。少尉から大尉時代の同僚に幕臣出身の三浦がいる。

千代田」回航委員長、「浪速」艦長などを務め、「扶桑」艦長として日清戦争に従軍。黄海海戦では連合艦隊本体の殿となる同艦を指揮した。「扶桑」は最速13ノットで参戦した日本海軍の艦艇中「赤城」に次いで2番目の劣速であった[5]が、清国北洋艦隊の主力艦である「定遠」の突撃をかわし、同艦に砲撃を加え損害を与えた[6]

戦後は横須賀鎮守府軍港部長などを経て1898年(明治31年)少将へ昇進。日露戦争では大本営附となる。日本は戦利品となった露国の沈没艦船の引上げを図り、まず仁川沖海戦で撃沈した露国防護巡洋艦ヴァリャーグ」の引上げを行った[7]。未だ戦中の1905年(明治38年)3月9日に始まった引上げ作業に責任者として成功した新井に対し、明治天皇勅語を下している[8]。「ヴァリャーグ」は日本海軍籍の「宗谷」となり、第一次世界大戦期に露国に返還された。

同年9月の中将進級以後、待命、休職、予備役の発令日はすべて三浦と同日であった。

年譜[編集]

新井が2度艦長を務め、日清戦争を戦った「扶桑」
  • 1874年(明治7年)6月 - 海軍兵学寮出勤・「筑波」乗組み(西南戦争)
  • 1877年(明治10年)12月 – 海軍大尉
  • 1880年(明治13年)2月 - 海軍少佐、「筑波」副長
  • 1884年(明治17年)12月 - 「筑波」艦長心得
  • 1885年(明治18年)6月 - 「日進」艦長
  • 1886年(明治19年)
  • 1888年(明治21年)6月 - 「扶桑」艦長
  • 1889年 (明治22年)5月 - 横須賀鎮守府予備艦総理兼航海部長、横予備艦長兼横知港事
  • 1890年(明治23年)1月 - 「千代田」艦長・英国出張
  • 1891年(明治24年)
    • 6月 - 「浪速」艦長
    • 12月 - 呉知港事兼呉予備艦船部長
  • 1893年(明治26年)5月 - 横須賀鎮守府予備艦船部長兼横知港事
引揚げられた「ヴァリャーグ」
  • 1894年(明治27年)7月 - 「扶桑」艦長
  • 1895年(明治28年)11月 - 横須賀鎮守府予備艦船部長兼横知港事
  • 1897年(明治30年)10月 - 横須賀鎮守府軍港部長
  • 1898年(明治31年)5月 - 海軍少将
  • 1900年(明治33年)5月 - 横須賀港務部長兼予備艦船部長
  • 1901年(明治34年)7月 - 待命
  • 1902年(明治35年)7月 - 休職
  • 1904年(明治37年)2月 - 大本営附
  • 1905年(明治38年)
    • 9月 - 海軍中将
    • 12月 - 待命
  • 1906年(明治39年)12月 - 休職
  • 1907年(明治40年)2月14日 - 予備役[9]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

出典[編集]

  1. ^ a b 『歴史と名将』81頁
  2. ^ 『勝海舟』324頁
  3. ^ 「兵学寮往復 柳宗五郎外数名撰擧の件兵学寮申出」
  4. ^ 『海軍兵学校物語』11頁、185-189頁
  5. ^ 『大海軍を想う』77頁
  6. ^ 『二十七八年海戦史』「黄海海戦」
  7. ^ 「第3編 戦利艦船の収容引揚及ひ回航/第1章 収容艦船の概要」
  8. ^ 「8月11日 巡洋艦「ワリヤーク」引揚委員長 新井海軍少将に賜りたる勅語」
  9. ^ 『官報』第7086号、明治40年2月15日。
  10. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  11. ^ 『官報』第6337号「叙任及辞令」1904年8月13日。
  12. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  13. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  14. ^ 『官報』第7107号「叙任及辞令」1907年3月12日。
  15. ^ 『官報』第6819号「叙任及辞令」1906年3月27日。

参考文献[編集]

  1. 「兵学寮往復 柳宗五郎外数名撰擧の件兵学寮申出」(ref:C09090579400)
  2. 「8月11日 巡洋艦「ワリヤーク」引揚委員長 新井海軍少将に賜りたる勅語」(ref:C06040997100)
  3. 『極秘 明治37.8年海戦史』「 第10部 附記 巻2」「第3編 戦利艦船の収容引揚及ひ回航/第1章 収容艦船の概要」(ref:C05110196200)
  • 伊藤正徳 『大海軍を想う』 文藝春秋新社、1956年
  • 海軍軍令部編『二十七八年海戦史』 春陽堂
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』(9巻)第一法規出版
  • 勝部真長 『勝海舟(下)』 PHP研究所、1993年ISBN 4-569-53618-2
  • 鎌田芳朗 『海軍兵学校物語』 原書房、1979年
  • 外山操編 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』 芙蓉書房出版、1981年ISBN 4-8295-0003-4
  • 山梨勝之進 『歴史と名将』 毎日新聞社、1981年
  • 『日本人名大辞典』講談社