815号型軽巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

815号型軽巡洋艦(815ごうがたけいじゅんようかん)は、日本海軍が計画した防空巡洋艦1941年(昭和16年)より策定の昭和17年度艦船補充第一期計画(通称マル5計画)において巡洋艦小型(巡小)と呼ばれ4隻計画された。主力艦直衛のための小型防空巡洋艦で、アメリカのアトランタ級に近い性格を持つ艦である。要目は以下の通り。

  • 基準排水量:5,800t
  • 兵装:65口径10cm連装高角砲4基8門(いわゆる長10cm高角砲
  • 航空機:2機

これ以上の詳細は伝わっていない。

ミッドウェー海戦の結果によりマル5計画は空母建造中心の改マル5計画へ移行する。この時戦艦、巡洋艦建造計画の多くが中止となり、本計画も中止となった。

同型艦[編集]

全て計画のみ

  • 第815号艦 - 第816号艦 - 第817号艦 - 第818号艦

参考文献[編集]

  • 雑誌丸編集部『丸スペシャルNo124 戦時中の日本巡洋艦Ⅱ 日本海軍艦艇発達史』潮書房、1987年

関連項目[編集]