鈴木鵞湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武陵桃源図

鈴木鵞湖(すずき がこ、文化13年(1816年) - 明治3年4月22日1870年5月22日))は、江戸時代末期(幕末)に活躍した画家である。名は雄、字は雄飛、幼名は筆三、通称は漸造、別号は一鶯、我古山人、水雲山房、東台山麓。

概要[編集]

鈴木鵞湖は江戸時代末期に下総国千葉郡豊富村(現:千葉県船橋市金堀町)に生まれた。江戸に出た後は谷文晁相沢石湖に学んだ。代表作の1つである『十六羅漢像図』は千葉県指定文化財になっている。専門家の間では「近代美術の基礎を築いた」とも評されている。また、鵞湖の後を少したどると息子の石井鼎湖、孫の石井柏亭石井鶴三と三代にわたってその資質を継ぎ、いずれも画壇で活躍している。なお、石井姓は、鼎湖が養子にいったことによる。2005年に郷土に大きく貢献した鈴木鵞湖を研究する為の「鈴木鵞湖研究会」が金堀町に続く鈴木家を含めた有志で結成され、歴史に埋もれてしまっている郷土出身の画家の足跡を明らかにする為の活動が行われている。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]