越前和紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

越前和紙(えちぜんわし)は、福井県越前市今立地区(旧今立町)で製造される和紙である。

品質、種類、ともに全国一位の和紙産地として生産が続けられている[1]

越前奉書と越前鳥の子紙が国の重要無形文化財に指定[2][3]

概要[編集]

麻紙(雲肌麻紙)、局紙(画用紙版画用紙、賞状用紙、証券紙幣等)、奉書紙鳥の子紙、襖紙、小間紙、檀紙画仙紙など豊富な紙種を製造する大規模な和紙産地である。特に画用紙として雲肌麻紙や白麻紙、MO水彩画用紙、神郷紙、版画用紙に越前奉書、MO版画用紙は国内外で高い評価を得ている。

主に、越前市(旧今立町)の五箇(ごか)【大滝町・岩本町・不老町(おいず)・新在家町(しんざいけ)・定友町(さだとも)】で生産されている。

抄造法に、流し漉き、溜め漉き、半機械漉きがある。

原料[編集]

主原料
補助材料
  • トロロアオイ など

歴史[編集]

古来からの紙すきの町並(越前市今立地区岩本町)

和紙の抄造はじまりの地[編集]

越前和紙の始まりについてははっきりしていないが、全国でも例のない紙漉きの紙祖神である川上御前伝説がある。室町時代には流滝寺の保護下に紙座組合)が設けられた。江戸時代から明治・大正・昭和・平成に入る前後頃までは、越前の襖紙の需要は全国の大半を占めていた。「越前奉書」や「越前鳥の子紙」は公家・農工商階級の公用紙として重用される。江戸時代に産地を支配した福井藩は越前和紙の技術の保護や生産の指導を行った。1665年寛文5年)には越前奉書に「御上天下一」の印を使用することが許可される。1873年(明治6年)のウィーン万国博覧会では越前和紙の製品が「進歩賞」を獲得したが、2017年(平成29年)2月に越前市内の蔵でその賞状とメダルが発見された[4]

紙幣[編集]

一般に日本最初の藩札とされる福井藩札は、越前和紙を使って製造されていた。のちに丸岡藩札も越前和紙で発行された。1868年明治元年)、明治新政府はそれまでの各藩の藩札に代わり、日本統一の「太政官札」を発行し、これに採用されたのが越前和紙である。

発案者は福井藩士の三岡八郎(後の由利公正)である。その後、新政府発行の紙幣はドイツ製洋紙に変更されたが、1875年(明治8年)、大蔵省抄紙(しょうし)局が設けられる。用紙の独自製造を再開すると、越前和紙の紙漉き職人が上京して新紙幣の用紙を漉き、技術指導を行った(「明治通宝」参照)。抄紙局で製造されたことから、現在でも局紙(きょくし)と呼ばれている。三椏局紙が有名である。越前和紙は偽札防止のための透かし技法(黒すかし)を開発したため、日本の紙幣製造技術は飛躍的に進化した。1940年昭和15年)には大蔵省印刷局抄紙部の出張所が岩本(越前市岩本町)に設置された。

現代[編集]

明治以降は、日本画版画水彩画油画水墨画鉛筆画パステル画など、多くの画材、素材の用紙支持体)としての画用和紙の需要が増加する。その品質が石井柏亭中西利雄竹内栖鳳横山大観東山魁夷平山郁夫ら多くの画家らに評価、使用され、越前和紙が絵画製作に浸透するようになる。現代美術作家、美大生、絵画教室の受講生など、平面作品制作の支持体として、造形作品、立体作品の材料として使われている。その反面、現代の住宅環境の急速な変遷に促され襖紙や小間紙の需要の減少、証券紙の電子化による減少と製造紙種の変更(合成紙等)、機械漉きによる量産の反動、機械漉き製造に伴う人員削減、和紙製造の廃業、撤退も相次いでいる。デジタル・コンテンツの普及に伴い画用和紙(版画、絵画)に加え、インクジェットプリンター用、複合機印刷用、フォト印刷用の印画用和紙も近年、和紙販売店の店頭に増加している。また壁紙などインテリア用に和紙が活用されてきており、インテリアデザイン、ペーパークラフト、工作、手芸など製造紙種が豊富になってきている。

MO紙[編集]

手漉きによる画用和紙で水彩画用(吸い込み)、版画、水彩兼用(漉きドーサ)がある。MO紙(えむおーし)とはどんな和紙なのかとなれば画用紙、水彩画用紙、版画用紙と理解すれば容易な和紙である。中国伝来の溜め漉きにより抄造され、ヨーロッパの洋紙(主に水彩紙)の手漉き、半機械漉きに類似した漉き方である。福井県越前市大滝町(旧今立町大滝)の沖水彩画用紙製造所で抄造されていた。MO紙の名称の由来は、沖茂八(オキ・シゲハチ⇒オキ・モハチと読ませ)の頭文(OM⇒MO)から来ている。昭和初期、戦争色が色濃くなりヨーロッパ製の画用紙の入手が困難になってくると、石井柏亭を始めとする多くの画家から、日本国内でも西洋の画用紙が生産できないかという声が上がる。依頼を受けた初代・沖茂八は大阪の紙問屋から西洋水彩紙のワットマン(ワットマン水彩紙)を取り寄せ、素材の研究に入った。こうして木綿(綿花の種子に付着した繊維)を原料とした吸水性のよいワットマン水彩紙の研究、模倣を重ね1935年(昭和10年)、国内初の手漉きによる水彩画用紙が完成した。初期のMO紙は紙の表面に膠を塗り、膠の定着剤として硫酸バンドという薬品を使いドーサ引きで仕上げられていた。半世紀経た1985年昭和60年)からドーサ液(明礬と膠を混合した液)を原料に混ぜ込んだ漉きドーサに変わっている。1936年(昭和11年)には洋画家の中西利雄の指導もと吸い込みの強いMO紙(吸い込み)を完成させた。また余談であるが、ワットマン水彩紙も1937年(昭和12年)、まではすべて手漉きであったため、抄造、原料のブレンドなどを含め和と洋のブレンドではあるが類似性の強い紙になっている。日本画家・版画家の石井鼎湖の長男である石井柏亭に「MO」という紙名と字型を命名された。紙の特徴としては、綿コットン)、の繊維が緩く絡み合い絶妙にブレンドされている。用紙の厚みは300g/m2で厚手で西洋の水彩紙の平均的な厚みの規格に合わせている。沖茂八のワットマン水彩紙の素材の分析もあり、亜麻と木綿の繊維を原料とする水彩紙の基本配合に、、のちに針葉樹パルプ が入りオリジナルの和紙となった。水彩画用、版画用がメインであるが、賞状用紙、名刺もある。マルマン株式会社や画材専門店の文房堂からMO水彩画スケッチブックも販売されていた。絵の具のにじみや、薄いのびを期待する透明水彩及び水墨画用であるMO紙(吸い込み)は吸水性を良くするため加圧乾燥のみの、やや目の粗い仕上がりになっている。波打ちがおきにくく堅牢な紙肌で水に強い紙で毛羽立ちも殆どない。水彩絵具はもとより、鉛筆やパステルと相性も良く、ソフトでなめらかな表現が可能。スケッチや建築パースにも適している。にじまない紙と区別するために、中西利雄のNの字を漉き込んでいる。またにじみを止め、安定した絵具の定着を目的とした版画水彩画兼用は、ドーサ液(明礬を混合した液)を原料に混ぜ込んだ漉きドーサで、仕上げに加温及び強めに加圧(プレス)したものである。紙の目を詰まらせ、吸水性を劣らせにじみを抑える工程である。また油絵具、にじみをきらうアクリルガッシュによる絵画制作にも応用が効く。油絵具、ガッシュはもとより絵具に粉末顔料を混合したのものなど乾くと硬質で重量を持った材料にも耐えうる和紙である。美術作家の要望による特注を除けば現存する和紙画用紙の中で最も丈夫な支持体で万能な和紙である。紙幣の透かし込み抄造、洋紙(水彩紙、版画用紙、木炭紙)の字型同様、MOの字型の透かし込みが入っているのが特徴。MOと読める方が紙の表でOMと読める方が裏。画用であるため紙の表を使うか裏を使うかは作家の好みである。

今後への期待[編集]

全国の伝統工芸産地にも言える事であるが、福井はまだまだ閉鎖的な習性がある。和紙販売の店主の話しによると福井に来た観光客が福井って和紙の産地なんだと始めて知ったという事があったという。他の産地に比べて漉き職人の数が豊富にも関わらずコンサルタントが居ないため売り込み、企画、宣伝が特に下手なのである。そのためか県内はもとより地元の人でも知らない紙種も多く関心が薄い。大規模な和紙産地であるにも関わらず全国公募の版画展や和紙画展が無い唯一の産地である。組合の運営者らも外部(一般の人からの提案、要望など)から企画を提案しても閉鎖的で無反応、宣伝欲もないためか、知名度も全く上がらない結果が続いている。全国的にも越前和紙は製造紙種は豊富であるが工作用、手芸用、ペーパークラフト用の和紙などは使用用途が一般の人まで伝わらない、万人受けしないため需要が伸びない。画用紙などの世界的に需要のある実用的な商品に絞ることが今後必要になってくる。福井県内では、報道や新聞等で特集が組まれ知名度があるが全国規模では越前=和紙とは浸透していない。職人や組合は自分達の和紙を自負してるが一般の人にまで認知されておらず浸透しないため購買欲にまで行きつかない。職人としては洗練されているが、今後どんな和紙が売れるのかというリサーチ、行動力、先見の明が乏しい。全国的に美術・造形作家、大口の顧客、和紙愛好者を除くと、未だに一般に知名度が低く、認知度が上がらない危うさもある。MO紙の抄造・継承者が途絶えた事から、和紙工業協同組合には、麻紙、MO紙、奉書紙に続く、新たな手漉き・機械漉きの画用和紙、水彩画用和紙、版画用和紙の開発・抄造が期待される。

越前和紙の名工[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]