ガンピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雁皮から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンピ
Diplomorpha sikokiana1.jpg
ガンピ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
: ガンピ属 Diplomorpha
: ガンピ D. sikokiana
ガンピの花
三重県伊勢市朝熊山

ガンピ(雁皮)はジンチョウゲ科ガンピ属落葉低木で、学名Diplomorpha sikokiana奈良時代から製紙原料として用いられている。別名はカミノキ

特徴[編集]

生育する東限は静岡の伊豆、北限は石川の加賀市付近までである。四国九州静岡兵庫などに多く、暖地を好む。

高さ1-3m、枝は褐色、葉は卵型で互生し、初夏に枝端に黄色の小花を頭状に密生する。には花弁がなく、先端が四裂して黄色、下部が筒状で白色のガクを持ち、花後はガクを伴ったそう果を結ぶ。

繊維はの3分の1程度と短く、その質は優美で光沢があり、平滑にして半透明でしかも粘性があり緊縮した紙質となる。

富山県では模造紙のことを雁皮という。新方言の一つ。

人工栽培[編集]

栽培が困難で野生品を使う事が多いが、人工的な繁殖は実生、根分け挿し木などによる。を植え付けて3年目に第一回の収穫を行うが、4月 - 11月が適当。生皮を剥ぎ、乾燥して出荷する。製紙の過程は三椏和紙などと同様。

歴史[編集]

遣唐使と共にに渡った最澄が、わざわざ土産として筑紫の斐紙(雁皮紙)を200張り持参している。紙の先輩国である中国に、土産として持参できるほどに高い評価を得ていたことになる。

平安期の公家の女流詩人たちに、かな文字を書くのにもっともふさわしい紙として愛用され、中世から近世にかけて、鳥の子紙の名で紙の王としてその名を知られている。

ガンピの名の由来は、カニヒ(伽尼斐)という植物の古名から転化したという説と、カミヒ(紙斐)が訛ったともいわれている。