堅山南風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

堅山 南風(かたやま なんぷう、本名:熊次、1887年明治20年)9月12日 - 1980年昭和55年)12月30日)は昭和を代表する日本画家の一人。

熊本県に生まれる。熊本市立壺川小学校出身。家業はなどの製造卸売。堅山が幼少の頃両親が相次いで亡くなり、経営が傾くも、苦学しながら絵画の勉強をする。23歳の時上京、高橋広湖の門下生になる。

1912年の文展で2等に入選、1等に該当する作品がなかったことから、事実上の最優秀賞に輝いた。この頃から横山大観に師事して日本画を学び、再興日本美術院にて次々と作品を発表する。一時的にスランプに陥り、インドに渡る。1958年、日本芸術院会員。1968年、文化勲章受章。

主な作品[編集]

主な作品収蔵先[編集]

外部リンク[編集]