池永康晟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池永 康晟(いけなが やすなり、1965年10月3日[1] - )は、日本画家大分県津久見市生まれ[1]

エキゾチックな女性像と緻密なテキスタイルの文様を大胆な構図で描く画風が特徴。

略歴・人物[編集]

1984年、大分県立芸術短大付属緑丘高校(現、大分県立芸術緑丘高等学校)美術科を卒業する[2]。高校卒業後、上京して独学で日本画を描き始める[1]2012年、〈うつふせて泣いたるきみは未だ夏果の微匂ひ・樹子(なつこ)〉で第8回菅楯彦大賞展佳作賞一席・百花堂賞受賞[3][4]

本格的な発表は2005年からと遅かったが「自分の色を見つけるために、十数年色見本を作り続けたため」と説明している[5]

画集[編集]

  • 『君想ふ百夜の幸福』(芸術新聞社)2014年

装丁画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]