冨田溪仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富田渓仙肖像

冨田 溪仙(とみた けいせん、1879年12月9日 - 1936年7月6日)は、明治から昭和初期に活躍した日本画家。初め狩野派四条派に学んだが、それに飽きたらず、仏画禅画南画、更には西洋の表現主義を取り入れ、デフォルメの効いた自在で奔放な作風を開いた。

略歴[編集]

1921年のポール・クローデルと冨田

福岡県博多に生まれる。本名は鎮五郎(しげごろう)。は隆鎮。別号に雪仙、渓山人など。冨田家はかつて福岡藩の御用を務め、渓仙が生まれた頃は麹屋町(現在の博多区川端)で素麺製造業を営んでいた。福岡藩御用絵師だった衣笠守正(探谷)に狩野派を学んだ後、京都に出て四条派都路華香に師事。のち仙厓義梵富岡鉄斎に傾倒。各地を旅し幅広い研鑽を積む。横山大観にみとめられ,大正4年日本美術院同人。昭和10年帝国美術院会員となる。京都で死去。駐日フランス大使であった詩人のポール・クローデルや俳人河東碧梧桐との交遊も知られている。

主な作品[編集]

渓仙筆 享保雛 1932年
渓仙筆 前赤壁図 1921年
作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款・印章 備考
雲龍図 紙本墨画 1幅 聖福寺 款記「渓仙画」/「燕巣樓」印 同寺山門階上の天井画[1]
渓山帰樵図 絹本著色 1幅 216.6x86.7 ウッドワン美術館 1903年(明治36年)頃 款記「溪仙」[2]
鵜船 紙本著色 1幅 199.0×77.0 京都国立近代美術館 1912年(明治45年) 第6回文展
宇治川の巻 絹本著色 全4巻 1915年(大正4年) 再興第2回院展 現在「宇治橋」「伏見」の巻は京都市美術館蔵、「木幡」の巻は滋賀県立近代美術館[1]、「天之瀬(?)」の巻は所在不明。
風神雷神 絹本著色 四曲一双 高島屋史料館 1917年(大正6年) 再興第4回院展
《嵯峨八景》のうち「愛宕暮雪・浜町夕照」 絹本著色 六曲一双 167.0x273.6(各) 京都国立近代美術館 1919年(大正8年) 再興第6回院展 本来は六曲八隻屏風の大作だが、他の六隻は所在不明。
嵐山の春 絹本著色 六曲一双 166.1x374.8(各) 山種美術館 1919年(大正8年)頃
麒麟鳳凰 絹本著色 六曲一双 櫛田神社 1924年(大正13年)
淀城 絹本著色 1幅 105.5x88.6 西宮市大谷記念美術館 1931年(昭和6年)頃 米国日本画展覧会[3]
御室の桜 絹本着色 二曲二双 各168.1×184.6 福岡市美術館 1933年(昭和8年) 第20回院展
伝書鳩 絹本着色 二曲一双 京都市美術館 1934年(昭和9年) 第21回院展
万葉春秋 絹本著色 二曲二双 各171.3×185.3 京都国立近代美術館 1936年(昭和11年) 改組第1回帝展

脚注[編集]

  1. ^ 福岡市博物館編集 『栄西禅師八百年大遠諱記念特別展 日本最初の禅寺 博多聖福寺』 日本最初の禅寺 博多・聖福寺展実行委員会、2013年4月20日、pp.156,239。
  2. ^ ウッドワン美術館編集 『ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画の巨匠立たち』 青幻舎、2011年2月10日、pp.30,167、ISBN 978-4-86152-295-6
  3. ^ 枝松亜子(西宮市大谷記念美術館)執筆・編集 『開館40周年記念 日本画 その妙なる世界』 2014年、第38図。

参考資料[編集]

  • 没後60年記念 冨田溪仙展』図録、京都市美術館、1996年
  • 座右宝刊行会編 『現代日本の美術(現代日本美術全集・2期)第2巻 平福百穂/冨田溪仙』 集英社1976年(愛蔵版は1977年)

外部リンク[編集]