三遠南信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遠南信のデータ
Image-request.png
(画像募集中)
静岡・愛知・長野の県境三圏域のシンボルマーク
27市町村の合計
面積 6,060.48km2
総人口 2,282,181
(2005年4月1日)
人口密度 376.57人/km²
(2005年4月1日)
位置

三遠南信(さんえんなんしん)または三遠信(さんえんしん)とは、東海地方甲信地方の一角で、豊橋市を中心とする愛知県東三河地方、政令市浜松市を中心とする静岡県遠州地方(西遠、中遠)、飯田市を中心とする長野県飯伊地域南信州信濃の南部)の県境を跨いだ地域の呼称。文化・方言的には上伊那の南部(太田切川以南)も含まれ、郡境をも跨いでいる。民俗学者の間では三信遠(さんしんえん)という地域名で流通している[1]

由来[編集]

もともと、国土交通省の国道の三遠南信自動車道から由来する用語であり、近年に造作された用語である。 (国立国会図書館検索調査結果による) この組織は、広域連合や一部事務組合のような自治体の例規集に定められたモノではなく、民間も含めた任意の協議会。議会は存在せず、法人格もない。

なお、有史以来、長野県南部、静岡県西部、愛知県東部を統合した行政体は存在したことがないが、特に三河と遠州は歴史的に結びつきが強い。

特徴[編集]

現状[編集]

1997年に三遠南信地域交流ネットワーク会議という組織が作られており、観光ガイドなどを含む公式サイトを立ち上げた。また、この会議は浜松市、豊橋市、飯田市の3市で事務局を回り持ちしていた。その後2005年に三遠南信自動車道早期開通期成同盟会(後に三遠南信地域経済開発協議会)が、2008年に三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)が発足。2014年にSENAが新体制に移行するのに伴い三遠南信地域交流ネットワーク会議が統合された。

所在市町村[編集]

「三遠南信地域連携ビジョン推進会議」に加盟している市町村を列挙する。

東三河地方[編集]

遠州地方[編集]

南信州地方[編集]

三遠南信地域連携ビジョン推進会議に加盟していない地域[編集]

市町村合併[編集]

東三河地方[編集]

  • 2003年8月20日 - 渥美郡赤羽根町が田原町に編入、田原町は同日市制施行し田原市となる。
  • 2005年10月1日
    • 新城市と南設楽郡鳳来町、作手村が合併、新城市となる。
    • 渥美郡渥美町が田原市に編入。
    • 北設楽郡設楽町と津具村が合併、設楽町となる。
  • 2005年11月27日 - 北設楽郡富山村が豊根村に編入。
  • 2006年2月1日 - 宝飯郡一宮町が豊川市に編入。
  • 2008年1月15日 - 宝飯郡音羽町、御津町が豊川市に編入。
  • 2010年2月1日 - 宝飯郡小坂井町が豊川市に編入。

遠州地方[編集]

  • 2004年4月1日 - 榛原郡御前崎町と小笠郡浜岡町が合併、御前崎市となる。
  • 2005年1月17日 - 小笠郡菊川町と小笠町が合併、菊川市となる。
  • 2005年4月1日
    • 磐田市と磐田郡福田町、竜洋町、豊田町、豊岡村が合併、磐田市となる。
    • 袋井市と磐田郡浅羽町が合併、袋井市となる。
    • 掛川市と小笠郡大東町、大須賀町が合併、掛川市となる。
  • 2005年7月1日 - 天竜市、浜北市、周智郡春野町、磐田郡龍山村、佐久間町、水窪町、浜名郡舞阪町、雄踏町、引佐郡細江町、引佐町、三ケ日町が浜松市に編入。
  • 2005年10月11日 - 榛原郡榛原町と相良町が合併、牧之原市になる。
  • 2007年4月1日 - 浜松市が政令指定都市に移行。
  • 2010年3月23日 - 浜名郡新居町が湖西市に編入。

南信州地方[編集]

  • 2005年10月1日 - 下伊那郡上村南信濃村が飯田市に編入。
  • 2006年1月1日 - 下伊那郡浪合村が阿智村に編入。
  • 2009年3月31日 - 下伊那郡清内路村が阿智村に編入。

交通[編集]

鉄道[編集]

主な道路[編集]

三遠南信のコミュニティ放送局[編集]

三遠南信地域では各地域の中心都市にコミュニティFMが存在し、番組制作や公開生放送などの協力や交流も盛んである。

可聴エリア:豊橋市豊川市蒲郡市新城市田原市湖西市浜松市の一部
可聴エリア:浜松市(旧浜松市のほか、旧浜北市天竜市舞阪町雄踏町細江町引佐町三ケ日町龍山村春野町佐久間町の各一部を含む)・磐田市掛川市袋井市湖西市御前崎市の一部・菊川市の一部・豊橋市の一部・豊川市の一部・新城市の一部
可聴エリア:飯田市及び周辺地域

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木正崇『熊野と神楽:聖地の根源的力を求めて』平凡社、2018年5月15日。ISBN 978-4-582-36452-1 p.34

関連項目[編集]

外部リンク[編集]