ムンド・デ・アレグリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムンド・デ・アレグリア
Gthumb.svg
画像募集中
国公私立の別 私立学校
共学・別学 男女共学
所在地 431-0102
静岡県浜松市西区雄踏町 宇布見9611-1
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ムンド・デ・アレグリアスペイン語: Mundo de Alegría)は、静岡県浜松市西区にある在日外国人のための外国人学校

スペイン語の校名「ムンド・デ・アレグリア」は「喜びの世界」という意味である。 この学校は元々在日ペルー人向けに設立されたペルー政府公認のペルー学校であった。そのためこの学校の授業にはペルー政府公認のテキストが使用されており、この学校を卒業するとペルー政府から卒業資格が得られる。

また、現在ではペルーだけでなくボリビアアルゼンチンなどの南米系の国の子供の受け入れも許可していて、2005年4月よりブラジル人クラスを新設した。

沿革[編集]

アクセス[編集]

  • 電車
JR「浜松駅」から東海道本線(豊橋・名古屋方面)でJR「舞阪駅」で下車、徒歩10分
  • バスの方
遠州鉄道浜松駅バスターミナル5番のりば(志都呂宇布見線)から「入野 宇布見 山崎」ゆき又は「イオン志都呂経由 舞阪駅」ゆきのバスで約35分、バス停「雄踏中学入り口」で下車、徒歩すぐ
  • お車の方
浜松市街地方面から浜松雄踏線で約20分
東名高速道路「浜松西IC」から県道65号線(浜松環状線)で約15分
浜名バイパス「馬郡IC」から約5分

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 月刊『イオ』編集部編 『日本の中の外国人学校』 ISBN 4-7503-2445-0

外部リンク[編集]