大手筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伏見城大手門(御香宮神社表門)

大手筋(おおてすじ)とは、京都市伏見区の市街地の中心・大手筋通

概要[編集]

伏見銀座跡碑

安土桃山時代豊臣秀吉が晩年の居城として桃山丘陵に築いた伏見城から西へ伸びる東西軸であり、城下町伏見はこの基軸を中心に碁盤の目に街路が整備された。かつては周辺には大名屋敷が立ち並び、徳川家康が最初に開いた銀座も置かれ、今も伏見・桃山地区の町名にその名残をとどめている[1]。現在は、旧伏見城大手門と伝えられる御香宮神社表門が通りに面して立ち、各鉄道駅から明治天皇桃山御陵への参道となっている。

京阪伏見桃山駅入口と伏見大手筋商店街のアーケード

伏見桃山駅と風呂屋町通(納屋町通)の間は「伏見大手筋商店街」というアーケードになっている。御香宮前より大手筋交差点(国道1号)までは京都府道79号伏見柳谷高槻線の一部(伏見桃山駅以西は京都府道35号大津淀線との重複)。

接続道路[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]