出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(そ)は、(ぜい)と並んで、国家維持に必要な財政を調達するために、政府が徴収する財物・サービスのことである。

概要[編集]

最古の漢字字典である説文解字100年に成立)によれば「田賦なり」とあり、元々はからの徴税である田租(でんそ)をさし、祭祀の費用としての徴収を名目としていた。

新たに徴収したもの(フロー)をといい、租を貯蓄したもの(ストック)をという。租税も参照のこと。

律令制においては、田租をとして徴税した。租は租庸調の中では唯一の地税的な税であった。

関連項目[編集]