マゾフシェ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マゾフシェ県
(Województwo mazowieckie)
マゾフシェ県の県旗 マゾフシェ県の県章

位置
Mazowieckie location map.PNG
情報
地域: ポーランド東中部
県都: ワルシャワ
面積: 35,597  km2
人口
 - 合計
 - 人口密度

約5,072,000 人
144   人/km2
郡: 38
グミナ: 314
略号: W
県番号: 14
県知事: レシェック・ミジェリンスキ (Leszek Mizieliński)
公式ウェブサイト: 県庁公式ウェブサイト
Mazowieckie-administracja legenda-en.png

マゾフシェ県(Województwo mazowieckie)ポーランド東中部の県。
県都はポーランドの首都でもあるワルシャワポドラシェ県ヴァルミア・マズールィ県クヤヴィ・ポモージェ県ウッチ県シフィェンティクシシュ県ルブリン県と接している。1999年1月1日、ポーランドの地方行政区画の改正にともない誕生した。面積・人口ともにポーランド最大の県である。

地域区分[編集]

  • 郡 (powiat)
    • ビャウォブジェギ郡 (Powiat białobrzeski)
    • チェハヌフ郡 (Powiat ciechanowski)
    • ガルヴォリン郡 (Powiat garwoliński)
    • ゴスティニン郡 (Powiat gostyniński)
    • グロジスク郡 (Powiat grodziski)
    • グルイェッツ郡 (Powiat grójecki)
    • コジェニツェ郡 (Powiat kozienicki)
    • レギョノーヴォ郡 (Powiat legionowski)
    • リプスコ郡 (Powiat lipski)
    • ウォシツェ郡 (Powiat łosicki)
    • マクフ郡 (Powiat makowski)
    • ミンスク郡 (Powiat miński)
    • ムワヴァ郡 (Powiat mławski)
    • ノヴィ・ドヴル郡 (Powiat nowodworski)
    • オストロウェンカ郡 (Powiat ostrołęcki)
    • オストルフ郡 (Powiat ostrowski)
    • オトフォツク郡 (Powiat otwocki)
    • ピャセチュノ郡 (Powiat piaseczyński)
    • プウォツク郡 (Powiat płocki)
    • プウォンスク郡 (Powiat płoński)
    • プルシュクフ郡 (Powiat pruszkowski)
    • プシャスヌィシュ郡 (Powiat przasnyski)
    • プシスーハ郡 (Powiat przysuski)
    • プウトゥスク郡 (Powiat pułtuski)
    • ラドム郡 (Powiat radomski)
    • シェドルツェ郡 (Powiat siedlecki)
    • シェルプツ郡 (Powiat sierpecki)
    • ソハチェフ郡 (Powiat sochaczewski)
    • ソコウフ郡 (Powiat sokołowski)
    • シドゥオヴィエッツ郡 (Powiat szydłowiecki)
    • ワルシャワ郡 (Powiat warszawski)
    • 西ワルシャワ郡 (Powiat warszawski zachodni)
    • ヴェングルフ郡 (Powiat węgrowski)
    • ヴォウォミン郡 (Powiat wołomiński)
    • ヴィシュクフ郡 (Powiat wyszkowski)
    • ズヴォレン郡 (Powiat zwoleński)
    • ジュロミン郡 (Powiat żuromiński)
    • ジラルドゥフ郡 (Powiat żyrardowski)

観光地[編集]

プウォツク[編集]

プウォツクヴィスワ川のほとりの街。典型的なマゾフシェ地方の田園風景のなかにある。旧市街にはその規模の割に教会が多い。ローマ・カトリック教会から組織的に独立したカトリック教会である「マリアのまねび会教会(Mariawityzm)」が非常に盛んで、「プウォツク慈悲と施しの聖堂(Świątynia Miłosierdzia i Miłości w Płocku)」が中心地となっている。また、中欧最大の石油卸会社「PKNオルレン」の本社所在地でもある。

ワルシャワ[編集]

ワルシャワはポーランドの首都で、中東部マゾフシェ県の県都。ヴィスワ川中流に位置する、ポーランド最大の都市。英語ではWarsawと書く。国王や大貴族の邸宅であったすばらしい宮殿があちこちにあり、街の規模に比して宮殿の非常に多い都市として、歴史的建築物の多いヨーロッパにおいてさえも異彩を放っている。旧市街を中心とした「ワルシャワ歴史地区」は第二次世界大戦で破壊されたが、戦時中にレジスタンス活動の一環で建築物は全て詳細な図面をとって隠してあり、戦後これらの図面を基に建築物は市民の手によって完全に再建され、ユネスコ世界遺産[1][2]に登録されている。さらに、第二次世界大戦で破壊された市内各所の宮殿群も同様の経緯で現在も次々と元通りに再建されつつある[3]。毎年5月初旬には大規模なパレードがあり、このとき1万人もの市民がベートーヴェン交響曲第9番第4楽章の「歓喜の歌」を歌うことが伝統行事となっている。ワジェンキ宮殿公園ショパン像広場では、毎年5月半ばから9月末まで毎週日曜日の正午と午後4時の2回、無料の屋外ピアノコンサートが開かれる。

ジェラゾヴァ・ヴォラ[編集]

ジェラゾヴァ・ヴォラはマゾフシェ地方の田園風景が美しい村。作曲家フレデリック・ショパンの生家が博物館として保存されている。ワルシャワから近い。また、この地方はショパンの生家のようなマナー・ハウスが非常に多く、多くはよく保存されており、いくつかは一般の住宅として使用されている。

マゾフシェ県(ワルシャワを除く)の宮殿群[編集]

この地方の領主は古い家系のシュラフタ(ポーランド貴族)が多く、その領地も代々の分割相続を重ねて中小規模となったものが多いため、彼らの本宅となっている宮殿でさえも派手で豪壮なものはあまり多くない。また、大貴族が別荘ないしワルシャワ郊外の抱屋敷として所有していたものもある。全体的にこぢんまりと落ち着いた女性的な外観を持つ傾向がある。博物館やホテルとなっていることが多いが、共産主義時代に当時の政府がもとの所有者から押収したまま廃墟の状態で払い下げを待っているものもある。