芸濃町椋本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芸濃町椋本
伊勢自動車道・芸濃インターチェンジ
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Mie Prefecture.svg 三重県
市町村 Flag of Tsu, Mie.svg 津市
人口
 • 合計 4,437人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
514-2211
椋本の大ムク

芸濃町椋本(げいのうちょうむくもと)は、三重県津市町丁2013年11月末の人口は4,437人[1]郵便番号は514-2211。本項ではかつて同区域に存在した河芸郡椋本村(むくもとむら)についても記す。

地理[編集]

津市の北西部、旧・芸濃町の中心部にあたる。東で高野尾町、南で芸濃町荻野・芸濃町北神山、西で芸濃町多門・芸濃町雲林院・芸濃町忍田・芸濃町中縄、北で芸濃町林および亀山市安知本町・三寺町に接する。南西を安濃川が流れ、南東に伊勢自動車道芸濃インターチェンジが所在。南東から北西へ三重県道10号津関線が通過、南北を三重県道28号亀山白山線が縦断し、三重県道669号大山田芸濃線が西へ分岐する。

河川[編集]

湖沼[編集]

  • 横山池
  • 三谷池
  • 二重池

歴史[編集]

むくもとむら
椋本村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
河芸郡椋本村明村安濃郡安西村雲林院村河内村芸濃町
現在の自治体 津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
河芸郡
面積 6.16km2.
総人口 2,927
国勢調査1955年
隣接自治体 亀山市
河芸郡高尾野村明村
安濃郡安濃村安西村
椋本村役場
所在地 三重県河芸郡椋本村
 表示 ウィキプロジェクト

交通[編集]

鉄道路線[編集]

かつては安濃鉄道の椋本口駅・椋本駅が所在したが、1944年に休止、1972年に廃止。

バス[編集]

三重交通

津市コミュニティバス

  • 芸濃巡回明ルート
    • 芸濃総合文化センター - 林殿町 - 楠原 - 林町 - 西町 - 中町 - 芸濃総合支所 - ショッピングセンター - 芸濃総合文化センター
  • 芸濃巡回安西ルート
    • 芸濃総合文化センター - 芸濃総合支所 - 小野平 - 荻野 - ショッピングセンター - 芸濃総合支所 - 中町 - 芸濃総合文化センター
  • 芸濃巡回雲林院ルート
    • 芸濃総合文化センター - 市場 - 南山東 - 椋本団地 - 芸濃総合支所 - ショッピングセンター - 中町 - 芸濃総合文化センター
  • 芸濃巡回河内ルート
    • 芸濃総合文化センター - ショッピングセンター - 芸濃総合支所 - 中町 - 総合文化センター - 市場 - 落合の郷 - 北畑

道路[編集]

施設[編集]

  • 椋本郵便局
  • 津市役所芸濃庁舎
  • 津市立芸濃中学校
  • 津市立芸濃小学校
  • 芸濃総合文化センター
    • 芸濃図書館
  • 老人ホームげいのう逢春園
  • 椋本神社
  • 浄源寺
  • 存仁寺
  • 西方寺
  • 佛性寺
  • 東日寺
  • 光月寺
  • 西性寺

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]