サオリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サオリーナ英語: SAORINA)とは、三重県津市北河路町の津市産業・スポーツセンター内にある屋内総合スポーツ施設である。2017年(平成29年)10月1日に開業[1]

施設名は津市(旧・一志郡一志町)出身であるレスリング選手・吉田沙保里に因んだもので、単なる愛称ではなく「津市産業・スポーツセンターの設置及び管理に関する条例」(平成25年9月27日条例第32号)第4条に基づく「正式名称」である[2]

沿革[編集]

2010年5月に構想が出され[3]、2011年9月には基本計画が策定された[4] 。同年10月11日には、設計者選定に当たって、公募型プロポーザルが実施された[5]。2012年5月には基本設計が発表された[6]。また、津市屋内総合スポーツ施設設計検討委員会も立ち上げられ、同年2月から2013年7月まで、7回にわたって会が開かれた。「サオリーナ」の呼称は、2012年レスリング世界選手権で吉田沙保里が10連覇(オリンピックを含めて13連覇)を達成した翌月にあたる2012年10月に前葉泰幸が発表した[7]。(命名は吉田沙保里本人である[8]。結婚による名字の変更可能性を考え、名前にちなんだ施設名にしたという[8]。)2015年11月には、指定管理者が決定された[9]

工事の進捗については、2015年4月1日より建設が開始された。2016年11月には、内装工事にも着手している[10]

2017年(平成29年)3月1日、名前の由来となった吉田沙保里本人が建設中のサオリーナの視察に訪れた[11]。同年10月1日に開業し、開館記念イベントが開かれた[12]。記念イベントでは、吉田沙保里のほか、レスリング指導者の栄和人、レスリング選手の土性沙羅川井梨紗子重量挙げ選手の三宅宏実が出席したトークショーやラートの実演、土性らと子供たちが一緒に行うスポーツ体験などが開催された[12]

2018年(平成30年)1月7日には成人式が行われ、吉田沙保里がビデオレターで新成人にメッセージを送った[13]

開館前のトラブル[編集]

相次ぐ入札不調
2013年(平成25年)8月に1回目の入札を行ったが応札者はなく、同年11月に2回目を行ったものの再び応札者はなかった[7]。2014年(平成26年)5月14日に3回目の入札が行われ1共同企業体(JV)が応じたが、津市の予定価格約80億4千万円に対してJV側が提示したのは94億5千万円と大幅に上回ったため、不成立となった[7]。津市は即日JV側に随意契約を持ちかけたが、JV側は5月26日に契約に応じられないと回答した[7]。同年12月25日に行われた4回目の入札でようやく入札が成立し、唯一応札した清水日本土建・東海土建特定JVが税抜き89億5700万円で落札した[14]。こうして長引いた背景に東日本大震災からの復興に伴う公共工事の増加による労働力不足と資材高騰が挙げられる[7]。また入札不調が相次いだことで完成時期と開館日が延期された[7]
不法就労、暴力団との不適切関係
技能実習生として来日していた外国人を不法にサオリーナの工事現場で就労させたとして、仲介した男性が出入国管理及び難民認定法違反の疑いで逮捕、罰金刑に処された[15]。さらにこの男性が山口組弘道会系の暴力団組長と約10年に渡る交際があり、男性が経営に関与する警備会社2社がサオリーナの工事現場で交通誘導を行っていたことから、この2社は三重県および三重県警から排除措置を受けたことが後に判明している[15]
担当者の不正給油
サオリーナの事業誘致を担当していた男性参事が、2015年(平成27年)5月から2016年(平成28年)11月にかけて公用車の燃料給油伝票を不正使用し、自家用車に給油していたことが2017年(平成29年)1月に判明した[16]。不正給油は約40回総額10数万円に及ぶと見られた[16]。男性参事は後に業務上横領書類送検され、2017年(平成29年)2月に懲戒免職となった[15]

施設の詳細[編集]

公式サイトの記述による。

部屋名 面積(㎡) 収容人数(人)
メインアリーナ 3,174 4,000
サブアリーナ 1,702 490
アスリートモール 1,024 340
屋内プール 826 144
トレーニングルーム 332 50
フィットネススタジオ 157 50
フリーウェイトルーム 85 25

館内には、吉田沙保里の功績を讃える「SAORIUM」がある[17]。サオリーナの外周には周長1,200mのランニングロードがある[17]

防災拠点としての機能[編集]

大型施設であることを生かして、設計段階から防災拠点(災害時の避難所、救援物資・部隊の受け入れ拠点)となることが意図されている[1]。例えば、駐車場はドクターヘリの発着や避難者の車中泊を想定してあえて車止めを置かず、72時間分の自家発電装置やプールの水を飲料水に変える装置が設置されている[1]

スポーツ大会・祭典の開催(予定)[編集]

行われる順に記載する。

大会名 日程
平成二十九年秋巡業 大相撲津場所 平成29年10月18日
B.LEAGUE B1リーグ戦 第5節 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ富山グラウジーズ 平成29年10月25日
V・プレミアリーグ2017/18 ファイナル6女子[18] 平成30年2月17日~18日
第27回全国小学生春のドッジボール大会 平成30年3月25日
平成30年度ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会 平成30年3月31日~4月1日
第37回全日本クラブ卓球選手権大会 平成30年7月13日~16日
平成30年度全国高等学校総合体育大会(2018 彩る感動 東海総体) 平成30年7月27日~8月12日
平成32年度 全国中学校体育大会 平成32年8月17日~25日
第76回国民体育大会(三重とこわか国体) 平成33年9月中旬~10月上旬のうち11日間

アクセス[編集]

  • 伊勢自動車道津ICより約3分(約600m[1])、駐車場は1,848台分ある[1]
  • 国道23号中勢バイパスに隣接
  • 津駅より約4km[1]
  • 三重交通は開業に合わせ「サオリーナ前」バス停を新設し、既存のバス路線を延長[19]
  • 別の路線が停車する最寄りの停留所「南河路」に(サオリーナ南)の案内を追加する(サオリーナまでは約400メートル、徒歩5分)。
    • 91系統 長野・殿舟団地線 イオン津・津駅・津新町駅~殿舟団地・片田団地・平木
    • 93系統 泉ヶ丘片田団地線 大学病院・津駅・津新町駅~泉ヶ丘団地・片田団地
    • 95系統 穴倉線 津駅・津新町駅~穴倉
  • 大きな催しや大会がある場合は臨時バスを運行する計画。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 鈴鹿雄大「災害時 役割明確化を サオリーナ 防災面の課題は」中日新聞2017年10月1日付朝刊、三重総合25ページ
  2. ^ 津市産業・スポーツセンターの設置及び管理に関する条例”. 津市条例類集. 2018年1月27日閲覧。
  3. ^ 津市拠点スポーツ施設エリア構想について - 津市
  4. ^ 津市屋内総合スポーツ施設基本計画(PDFファイル)
  5. ^ 津市屋内総合スポーツ施設設計業務公募型プロポーザルについて - 津市
  6. ^ 津市屋内総合スポーツ施設の設計業務について - 津市
  7. ^ a b c d e f 津市計画の体育施設「サオリーナ」入札不調続く”. 産経新聞 (2014年7月11日). 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  8. ^ a b 「本日津市にOPEN! 期待のスポーツ&コンベンション施設 津市産業・スポーツセンター サオリーナ誕生」中日新聞2017年10月1日付朝刊、三紀14ページ
  9. ^ 津市産業・スポーツセンターの指定管理者公募について - 津市
  10. ^ 工事の進捗 - 津市
  11. ^ 広部憲太郎 (2017年3月2日). “三重)吉田沙保里選手がサオリーナ視察 10月オープン”. 朝日新聞. 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  12. ^ a b 鈴鹿雄大・大橋脩人「サオリーナ開館 五輪メダリストら 記念イベントに登場 無料開放 市民でにぎわう」中日新聞2017年10月3日付朝刊、三重総合13ページ
  13. ^ サオリーナで初の成人式 津市「未来切り開いて」”. 伊勢新聞 (2018年1月8日). 2018年1月8日閲覧。
  14. ^ 津市産業・スポーツCセンター 清水JV”. 建通新聞 (2014年12月25日). 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  15. ^ a b c 暴力団と不適切関係 サオリーナ工事警備2社”. 中日新聞 (2017年3月10日). 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  16. ^ a b 公費で自家用車給油 津市参事、伝票を不正使用”. 伊勢新聞 (2017年1月11日). 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  17. ^ a b 「津市産業・スポーツセンター」中日新聞2017年10月1日付朝刊、三紀15ページ
  18. ^ 【女子】 2017/18V・プレミアリーグスケジュール  (2017.7.26)”. Vリーグ機構. 2017年7月27日閲覧。
  19. ^ http://www.info.city.tsu.mie.jp/www/contents/1483577347454/simple/20170908.pdf

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分37.9秒 東経136度28分41.2秒 / 北緯34.727194度 東経136.478111度 / 34.727194; 136.478111