レ・ロマネスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レ・ロマネスク
ジャンル J-POP
活動期間 2000年 -
レーベル Les Romanesques Records
公式サイト 公式サイト
メンバー TOBI(ボーカル
MIYA(ギターコーラス

レ・ロマネスクLes Romanesques)は、メインボーカルのTOBIとアシスタントのMIYAにより、2000年フランスパリで結成された音楽ユニット。欧州のクラブシーンやフェスティバルで人気を集め、2008年春夏パリコレでのライブをきっかけに、世界12カ国50都市以上で公演を行う。パリ在住12年後、フジロック出演を機に日本へ帰国。NHK Eテレお伝と伝じろう」(おつたとでんじろう)のメインキャストを務めるなど、現在は東京を拠点に活動している。

メンバー[編集]

  • TOBI(トビー) - メインボーカル
    修道高等学校を経て、慶応義塾大学経済学部卒業。広島県出身。作詞・作曲・振付を主に担当。大学卒業後サラリーマンをするが入社する会社が次々倒産し、フランスへ渡る。理由は「一番興味のない国でリセットするため」。泥酔したときに頼まれて人前で歌うことになり、それが現在まで続いている。頭に乗せた王冠とティアラはクイーンプリンス、メイクはマイケル・ジャクソン、衣装はビートルズサージェント・ペパーズ、黄色の巻き毛はマーク・ボランタカラヅカへのリスペクトをそれぞれ表している。男性ながら「男装の麗人」である(女装ではない)。2011年より日本での呼称を海外での活動名TOBIに統一した。
  • MIYA(ミーヤ) - ギター、コーラス、ダンス、チアリーディング・チアダンス
    早稲田大学人間科学部卒業。群馬県出身。衣装や小道具などビジュアル面を主に担当。ドラァグクイーン風のオリジナル女装メイクに金髪の巨大アフロがトレードマーク。男性と間違えられることがあるが女性である(要するに女装の女性)。卒論のテーマは「笑いと健康」。大学卒業後に音楽療法などをゆるく勉強するためにフランスに渡る。TOBIに「何もしゃべらなくていいから手伝って」と頼まれてステージに立つことになり、それが現在まで続いている。「お手伝い」ということでメイド姿だった。2011年より日本での呼称を海外での活動名MIYAに統一した。

概要[編集]

2000年10月にパリでデュオ結成、初ライブ。

パリのクラブシーンやフェスティバルでのパフォーマンスのほか、精力的に地方都市でのライブ(マルセイユボルドーナントほか20都市)を行う。

2008年パリコレでのライブをきっかけにファッションピープルたちのクチコミで世界中に噂が広がり、これまでに12カ国50都市以上でライブを行った。

2009年12月にフランスの人気TV番組『La France a un incroyable talent』に出演した映像がYouTubeのフランス国内再生回数1位、世界4位を記録(現在動画は削除されている)。

2010年には第8回パリシネマ国際映画祭(Festival Paris Cinéma)の公式マスコットに選ばれ、女優ジェーン・フォンダとともに広報大使を務めるなど、フランスで「最も知られた日本人」となった。

2011年6月にはフランスで5曲入りのオリジナルCD「Dandysme!」をリリース。

2011年7月にはフジロックフェスティバルに出演を機に日本へ活動の拠点を移す。

2012年ワールドハピネス前夜祭出演。

2013年1月に世界111カ国のiTunes Store(一部の国でAmazon MP3も)で楽曲の配信を開始。

2013年4月より毎週月曜日NHK Eテレお伝と伝じろう」(おつたとでんじろう)のメインキャストに抜擢され、主題歌「伝わレレレ」も担当(作詞・作曲・振付も)

2014年10月には、その夏に3カ月連続配信で発表したシングルをすべて収録したMAXIシングル「祝っていた/蚊〜〜〜/津の女」を発表、彼らにとって初の日本語音源のCD化となった。

2015年6月には、扶桑社からこれまでの活動記録をまとめたアーティスト本「ジュテームのコリーダ」を出版した。

2016年1月にはNHKMUSIC JAPAN」の『NEW GENERATION特集』の「今後のミュージックシーンを面白くしてくれるであろう10組」の内の一組として出演。

2016年4月には日本国際ボランティアセンターとのコラボレーションとして『TiQNoKo』リリース。在日カンボジア王国大使館公式サポートソングになる。[1]

2016年9月にはヒカリエにてiPhoneアプリを使用した観客もアーティストも無音の『第0回ヘッドホンコンサート』を開催。

2017年1月よりキスケ株式会社のCMに出演。(CMソングは「祝っていた」の歌詞をアミューズメント施設の説明に置き換えたもの。愛媛のみ放送)[2]

2017年2月より「いしかわ観光特使」に任命される。(TOBIのみ) [3]

2017年4月よりRBCiラジオにてレギュラー番組『レ・ロマネスクTOBIのめんそ~レレレ!』(毎週火曜23:00~)スタート。

2017年8月には岩下の新生姜ミュージアムにてライブ開催。同ミュージアムでのライブ動員数歴代トップを獲得。(2017年8月11日現在)[4]

2017年10月には演歌歌手 飛鳥とも美に楽曲提供した『津の女』がリリースされる。[5]

主な出演番組(テレビ・ラジオ)[編集]

フランス
日本

CM[編集]

レ・ロマネスク
トビー
ミーヤ
  • MAZDA FRANCE - WEB CM『春巻ダイエット編』『ケータイダイエット編』
  • 京子食品 - 『和食の真髄シリーズ』メインキャラクター WEB CM レギュラー

ディスコグラフィー[編集]

フランス[編集]

シングル[編集]

  • BLANC NEIGE(白雪王子)(2005)自主制作、現在廃盤
  • NOIR NEIGE(黒雪王子)(2005)自主制作、現在廃盤
  • Yokozuna - The King Of Sumotori(2008)

ミニアルバム[編集]

Dandysme ! (2011/6/25)

  1. Zoun-doko Bushi
  2. Samouraï Dandy
  3. Mademoiseeelle 2011
  4. Yokozuna - The King Of Sumotori
  5. Samourai Dandy(English Version)

「Zoun-Doko Bushi(レ・ロマネスクのズンドコ節)」は、『ズンドコ節』のメロディにのせて、ガイジンから見たパリ生活のイヤなところを皮肉ったもので、この曲で『La France a un incroyable talent』に出演し、その動画がフランス国内YouTube再生回数1位になった(現在動画は削除されている)。


日本[編集]

シングル・マキシシングル[編集]

  • Disco MATCHA!(2013/1/7)配信のみ。
  • 伝わレレレ (2013/7/10 )NHK Eテレお伝と伝じろう」(おつたとでんじろう)主題歌。配信のみ。
  • Un Grain De Riz(2014/6/8)配信のみ。
  • 祝っていた/蚊~~~/津の女(2014/10/14)マキシシングル
  • ジュテームのコリーダ /魔の宅配便女/ファンのテーマ (2015/6/7)CD付きファンブック『ジュテームのコリーダ』に収録。
  • ムッシュアッシュ(2015/8/8)ムッシュアッシュ(TOBIソロ)としてリリース。広島ホームテレビ『ぽるフェス2015』のテーマソングとイメージキャラクターを務める。
  • ほぼ日カレンダーのテーマ~君に寄り添う7DAYS~(2015/9/2)ほぼ日ホワイトボードカレンダー2016応援ソング。 配信のみ。
  • 裏ガール /飴と飴 /KASOCHI (2016/5/5)マキシシングル
  • TiQNoKO (2016/4/14)日本国際ボランティアセンターとのコラボレーション。『レ・ロマネスクとTiQNoKoコーラス隊(カンボジア編)』としてリリース。
  • トゥーマッチ売りの少女 /ぼくの太陽の塔 /拙者サムライダンディー (2016/10/22) マキシシングル

iTunes StoreAmazonレコチョクmoraにて配信。

アルバム[編集]

レ・ロマテラピー  (2017/10/14)

  1. ジャメヴュの世界
  2. 祝っていた
  3. ジュテームのコリーダ
  4. 飴と飴
  5. カネドヴ
  6. シキシキスキーI[中1数学: 等式の性質より]
  7. KASOCHI
  8. 魔の宅配便女
  9. 一粒の米
  10. 拙者サムライダンディー
  11. ムッシュアッシュ
  12. シキシキスキーII[中3数学: 乗法公式より]
  13. 伝わレレレ
  14. チキュウノコ
  15. ディスコ抹茶
  16. YOKOZUNA 2020
  17. MIYAのわくわくショッピング(ボーナストラック)

サポートメンバー[編集]

主なメンバーは

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『TiQNoKo』が在日カンボジア王国大使館公式サポートソングに! https://www.ngo-jvc.net/jp/tokyostaffdiary/2016/03/20160309-tiqnoko-4.html
  2. ^ 2017年「キスケ応縁大使」と「喜び助け大使」が『レ・ロマネスク』さんに決定 http://www.kisuke.com/news/838
  3. ^ イベントの様子【レ・ロマネスク リサイタル2017春「レロマテラピー」ツアーin金沢】 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/yukyaku/hyakumansan/20170522_photo.html
  4. ^ おっくんのレ・ロマネスクさん活動 - ただいま製作中! - ほぼ日刊イトイ新聞 http://www.1101.com/pl/seisakuchu/statuses/285805
  5. ^ 飛鳥とも美『☆世界中へ!「津の女」先行配信スタート☆』https://ameblo.jp/tomomi-aska/page-5.html
  6. ^ 2010 - Les larmes de Miya séchées par le Festival Paris Cinéma - http://www.dailymotion.com/video/xdslb7
  7. ^ レ・ロマネスクさんのライブにギター係として出演することになった一般人の自分は、どうなるのか。 http://1101.jp/1TiVWn3