長野城 (伊勢国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
長野城
三重県
長野城跡に建つ石碑
長野城跡に建つ石碑
城郭構造 山城
築城主 長野工藤氏
築城年 文永11年(1274年
主な城主 長野工藤氏
廃城年 元亀元年(1570年
遺構 堀切、土塁
指定文化財 国の史跡
位置 北緯34度74分30.65秒
東経136度34分42.82秒

長野城(ながのじょう)は、三重県に存在した中世日本の城山城)。現在の三重県津市美里町桂畑に所在した。

構造[編集]

標高520mの山頂に位置し、付近の標高230mの丘陵尾根には東の城・中の城・西の城が築かれていた。伊賀道に面した交通の要衝にあり、堀切と土塁に囲まれたが点在する。主郭の台状地の三方には土塁を巡らし、さらに周囲には階段状の腰曲輪があった。

歴史[編集]

工藤祐藤によって文永11年(1274年)に築城され、長野工藤氏の拠点とされた。貞和2年(1346年)に北畠氏に攻められて落城したが、文和元年(1352年)に再び工藤氏が入っている。延文5年(1360年)には室町幕府に反乱した仁木義長が逃げこみ、追討軍に対して2年以上籠城を続けた。

永禄12年(1569年)に織田信長が侵攻すると、弟の織田信包を工藤氏の養子として和睦した。信包は元亀元年(1570年)に上野城を居城とし、長野城を廃している。1982年1月16日、付近にある「東の城」「中の城」「西の城」の跡とともに「長野氏城跡」として国の史跡に指定された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]