イオン津ショッピングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオン津ショッピングセンター
AEON Tsu Shopping Center
2011年撮影
2011年撮影
地図
店舗概要
所在地 514-0003
三重県津市桜橋3丁目446番地
座標 北緯34度44分10.6秒 東経136度31分7.6秒 / 北緯34.736278度 東経136.518778度 / 34.736278; 136.518778座標: 北緯34度44分10.6秒 東経136度31分7.6秒 / 北緯34.736278度 東経136.518778度 / 34.736278; 136.518778
開業日 1978年 (昭和53年) 9月21日
施設所有者 第一交通産業株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
商業施設面積 34,000 m²[1]
中核店舗 イオン津店
営業時間 8:00-22:00
駐車台数 1,200台
前身 中央毛繊工場

津ショッピングセンターエル

津サティ
最寄駅 津駅
最寄IC 津IC
外部リンク イオン津ショッピングセンター
AEON MALL logo.svg

イオン津ショッピングセンター(イオンつショッピングセンター)は、三重県津市に位置するショッピングセンター

概要[編集]

津市北部に位置する。イオン津店を核店舗とし、シネマコンプレックスを併設する。第一交通産業が建物を所有している。

かつては中央毛繊の工場であり、跡地に「津ショッピングセンターエル」としてとして開業した。開業時は、食品を扱うジャスコ、および、衣料品を扱うニチイを核店舗としていたが、のちにジャスコは撤退した。

1994年(平成6年)に増床し、店名を「津サティ」に変更、2000年にはシネマコンプレックスが開設された。その後、2011年(平成23年)に「イオン津ショッピングセンター」(核店舗は「イオン津店」)へと再度改称した。

沿革[編集]

  • 1978年(昭和53年)9月21日 - ニチイとジャスコを核店舗とする津ショッピングセンター エルとして開店。
  • 1994年(平成6年)1月頃 - ジャスコが閉店。
  • 1994年(平成6年)4月23日 - ニチイが単独で改築・増床し、津サティとして開店[2]
  • 2000年(平成12年)12月15日 - 隣接地にシネマコンプレックスを建設、ワーナー・マイカル・シネマズ津として開館[3]
  • 2003年(平成15年)12月20日 - 1階部分の飲食スペースを拡大する[4]
  • 2011年(平成23年)3月1日 - 店舗名称をイオン津店、SC名称をイオン津ショッピングセンターに改称。
  • 2013年(平成25年)7月1日 - ワーナー・マイカル・シネマズ津がイオンシネマ津に改称。

テナント[編集]

シネマコンプレックス[編集]

イオンシネマ津
AEON CINEMA Tsu
AEON CINEMA Tsu.JPG
2013年撮影
情報
旧名称 ワーナー・マイカル・シネマズ津
開館 2000年12月15日
収容人員 (7スクリーン)1,589人
客席数 スクリーン1:86
スクリーン2:199
スクリーン3:217
スクリーン4:252
スクリーン5:137
スクリーン6:180
スクリーン7:418
設備 ドルビーデジタルDLP
用途 シネマコンプレックス
運営 イオンエンターテイメント
所在地 514-0003
三重県津市桜橋3-446
外部リンク イオンシネマ津
特記事項 スクリーン4と7は6.1chサラウンドEX対応。

イオンシネマ津が別棟に位置する。2000年12月15日に「ワーナー・マイカル・シネマズ津」として開業。2009年大門にあった大門シネマが閉館してからは津市唯一の映画館である。

津市が舞台となった映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』(2014年)では、観客動員数が全国1位となり、矢口史靖監督が複数回舞台挨拶に訪れた[5]。また桑名市が舞台となった『クハナ!』(2016年)では、同作の脚本と監督を手がけた秦建日子と主題歌を手がけたバンド「Chelsy」のAMIらが舞台挨拶で来館している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2016年12月). 2018年3月7日閲覧。
  2. ^ “津サティきょう開店 郊外型生活百貨店 県内最大級の規模”. 中日新聞 朝刊 三重版: p. 16. (1994年4月23日) 
  3. ^ “7つのスクリーン、最新の音響設備 シネコン きょうオープン 津に県内4カ所目 身障者や高齢者に配慮 バリアフリー構造”. 中日新聞 朝刊 中勢版: p. 22. (2000年12月15日) 
  4. ^ “飲食スペース拡大 20日新装オープン 津サティ”. 中日新聞 朝刊 中勢版: p. 14. (2003年12月20日) 
  5. ^ 津市美杉が舞台となった映画「WOOD JOB!(ウッジョブ!)〜神去なあなあ日常〜」によるシティプロモーション 津市公式ホームページ
  6. ^ “映画「クハナ!」舞台挨拶開催のご案内”. 名古屋観光情報. 公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー. (2016年8月30日). http://www.nagoya-info.jp/news/2016/08/post_350.html 2016年11月2日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『ジャスコ三十年史』ジャスコ株式会社、2000年12月20日。

外部リンク[編集]