三重マリンセンター海の学舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三重マリンセンター海の学舎
施設情報
旧名称 岐阜マリンスポーツセンター
正式名称 三重マリンセンター海の学舎
用途 宿泊研修施設
収容人数 60人
建築主 岐阜県
事業主体 株式会社マリーナ河芸
管理運営 株式会社マリーナ河芸
所在地 510-0303
三重県津市河芸町東千里854-3
位置 北緯34度47分57秒 東経136度33分46.7秒 / 北緯34.79917度 東経136.562972度 / 34.79917; 136.562972座標: 北緯34度47分57秒 東経136度33分46.7秒 / 北緯34.79917度 東経136.562972度 / 34.79917; 136.562972

三重マリンセンター海の学舎(みえマリンセンターうみのまなびや)は、三重県津市にある株式会社マリーナ河芸が運営する宿泊研修施設。旧称は岐阜マリンスポーツセンター(ぎふマリンスポーツセンター)であり、岐阜県が運営する公共施設であった。

内陸県である岐阜県が、県民が海と触れ合うことができる施設として、三重県に開設した施設であった。マリンレクリエーションの普及を行うと共に海でのマナーや海難事故を防ぐための安全講習、また、マリンスポーツの競技力向上を図るための拠点施設である。

概況[編集]

本館は鉄筋コンクリート造2階建(1階延床面積1,177.41m2、2階延床面積741.43m2)。

  • 1階には、ロビー、ラウンジ、ミーティングルーム、トレーニングルームの他、ヨット60艇が収納できる艇庫と船具庫がある。2階には、事務室、宿泊室(2人部屋2室、4人部屋2室、8人部屋6室)、食堂、浴室などがある。屋外には野積場(54艇)がある。
  • 伊勢湾に面し、カヌーサーフィンウィンドサーフィン、ヨット等のマリンスポーツ。砂浜を利用してのビーチバレー、砂遊び。干潟を利用した生物観察、干潟観察、野鳥観察ができる。

歴史[編集]

岐阜県の施設として2000年(平成12年)7月20日に「岐阜マリンスポーツセンター」として開設。岐阜県民以外の人も利用可能であり、三重県は企業研修、自治体研修、各種講習会、合宿などに使用していた。岐阜県における運営の末期には、指定管理者制度が導入され、管理・運営は、株式会社マリーナ河芸が行っていた。岐阜県では2012年に開催予定の第67回国民体育大会セーリング競技の会場として使用を検討していたが、2005年1月31日に現地を視察した日本セーリング連盟国民体育大会会場として不適と判断した[1]

2010年2月19日、岐阜県は「行財政改革アクションプラン案」を公表し、2010年度中の休廃止を示唆した。そして2011年4月に閉鎖、岐阜県は指定管理者であったマリーナ河芸に施設を無償譲渡した[2]。そして同年11月にマリーナ河芸は「三重マリンセンター海の学舎」として再オープンした[3]

休館日[編集]

  • 毎週火曜日(3月1日 - 7月19日、9月1日 - 30日) 7月20日から8月31日は毎日営業
  • 毎週火・水曜日(10月1日から2月末日の期)

アクセス[編集]

道路[編集]

  • 国道23号「千里団地入口」交差点より約500m。

公共交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 財団法人日本セーリング連盟"平成16年度 事業報告"(2012年4月11日閲覧。)
  2. ^ 三重ふるさと新聞"岐阜県から譲渡受け 「海の学舎」として再出発"2011年12月8日(2012年4月11日閲覧。)
  3. ^ 伊藤あや"あやのみえ旅 - レディオキューブFM三重"三重エフエム放送、2012年2月3日(2012年4月11日閲覧。)

外部リンク[編集]