宮崎茂三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 茂三郎(みやざき もさぶろう、1892年明治25年) - 1972年昭和47年))は、日本剣道家。大日本武徳会剣道範士武道専門学校教授

身長59、体重25の大柄な体格であり、200以上の竹刀を使用した。左上段からの強烈な横面は「弾丸」といわれ恐れられた。

経歴[編集]

三重県津市に生まれる。少年の頃から剣道を修練し、1909年(明治42年)、大日本武徳会内藤高治内弟子となる。

1912年(明治45年)、大日本武徳会講習所を卒業。その後武道専門学校教授に就任。

1929年(昭和4年)、御大礼記念天覧武道大会指定選士の部に出場。リーグ戦で志賀矩、檜山義質を破ったが、堀正平に敗れ、リーグ敗退。

1934年(昭和9年)、皇太子殿下御誕生奉祝天覧武道大会指定選士の部に出場。リーグ戦で千頭直之、近藤知善、菅原融を破ったが、準決勝で白土留彦に敗退。

1939年(昭和14年)、剣道範士に昇進。

1940年(昭和15年)、紀元二千六百年奉祝天覧武道大会特選試合に出場。銃剣術範士伊藤精司との異種試合を披露した。

参考文献[編集]