西田半峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西田 半峰(にしだ はんぽう、1894年 - 1961年7月26日三重県一志郡七栗村(現・津市)出身の版画家画商

生涯[ソースを編集]

6歳の頃、母方の親類の養子となり横浜へと移り、1945年に三重へ疎開するまで関東で過ごす。横浜商業学校に在学中、第8回文部省美術展覧会(文展)に水彩画「倉入れ」が入選。その後、本郷洋画研究所に入りエッチング(銅版画)の画法の研究・普及に熱心に努め、1923年には東京で画廊「室内社画堂」を開き、日本で最初の洋画商となり、1932年には雑誌「エッチング」を創刊したことから「エッチングの父」とも呼ばれる。

疎開により、三重に戻ってからは、日本近代美術史の在野研究者として活動。はがき絵の普及を目指し、1952年から1961年に67歳で亡くなる直前まで間に、26,744通のはがき絵を制作し、全国の友人達にはがきを送り続けた。

外部リンク[ソースを編集]