国立病院機構三重中央医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構三重中央医療センター
国立病院機構三重中央医療センター
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構 三重中央医療センター
英語名称 Mie Central Medical Center
前身 津衛咸病院、三重県立結核療養所静澄園
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、※リウマチ科、小児科、小児科(新生児)、外科、整形外科、※形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科歯科・歯科口腔外科、麻酔科、病理診断科 以上27科 ※休診
許可病床数

486床
一般病床:450床


感染症病床:6床


結核病床:30床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0[1]
開設者 国立病院機構
開設年月日 1998年7月
所在地
514-1101
三重県津市久居明神町2158-5
位置 北緯34度41分8.7秒 東経136度27分53.7秒 / 北緯34.685750度 東経136.464917度 / 34.685750; 136.464917 (国立病院機構三重中央医療センター)座標: 北緯34度41分8.7秒 東経136度27分53.7秒 / 北緯34.685750度 東経136.464917度 / 34.685750; 136.464917 (国立病院機構三重中央医療センター)
二次医療圏 中勢伊賀
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター(みえちゅうおういりょうセンター)は、三重県津市久居にある独立行政法人国立病院機構が運営する総合病院である。旧国立三重中央病院。

概要[編集]

総合周産期母子医療センターが設置されており、三重県の周産期母子医療の基幹施設となっているほか、地域がん診療連携拠点病院として中勢伊賀地域の循環器・呼吸器疾患の専門医療を担っている。[2]

外来診療[編集]

  • 診察日:月曜日~金曜日(土曜、日曜、祝日は休診)
  • 診療時間:午前9:00~午後5:00(受付は午前8:30~午前11:00)
紹介状なしで外来を受診する場合、初診時保険外併用療養費3,240円がかかる。

沿革[編集]

1998年に国立津病院と国立療養所静澄病院を統合して発足、現在地の新病院(鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階地下1階)へ移転した。

国立津病院[編集]

国立療養所静澄病院[編集]

  • 1940年(昭和15年)07月 - 三重県立結核療養所静澄園として開設[2]
  • 1943年(昭和18年)04月 - 日本医療団に移管、日本医療団静澄園へ改称[2]
  • 1947年(昭和22年)04月 - 厚生省に移管、国立療養所静澄園へ改称[2]
  • 1966年(昭和41年)02月 - 一般患者の受け入れを開始[2]
  • 1977年(昭和52年)04月 - 国立療養所静澄病院と改称[2]

国立三重中央病院(三重中央医療センター)[編集]

  • 1998年(平成10年)07月 - 国立津病院と国立療養所静澄病院を統合、国立三重中央病院となる[2]
  • 2004年(平成16年)04月 - 独立行政法人化に伴い国立病院機構三重中央医療センターへ改称[2]

診療科[編集]

※休診

医療機関の指定[編集]

アクセス[編集]

路線バス[編集]

自動車[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]