伊勢奥津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢奥津駅
JR Ise-Okitsu station.jpg
新駅舎正面。右端が駅入口。(2018年8月)
いせおきつ
Ise-okitsu
比津 (3.8 km)
所在地 三重県津市美杉町奥津1288-8
北緯34度30分43.62秒 東経136度15分36.96秒 / 北緯34.5121167度 東経136.2602667度 / 34.5121167; 136.2602667座標: 北緯34度30分43.62秒 東経136度15分36.96秒 / 北緯34.5121167度 東経136.2602667度 / 34.5121167; 136.2602667
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 名松線
キロ程 43.5 km(松阪起点)
電報略号 オツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
26人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1935年昭和10年)12月5日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示
伊勢奥津駅のホームと給水塔(右端)、新駅舎(ホーム後ろ)(2006年1月)
ホームより車止め方向の風景。これより名張駅に延びる予定だった

伊勢奥津駅(いせおきつえき)は、三重県津市美杉町奥津にある、東海旅客鉄道(JR東海)名松線。同線の終着駅である。ここから名張まで延伸する計画であったが、未成に終わっている(詳細は後述)。

概要[編集]

名松線とは名張と松阪を結ぶ計画だったことから付けられた路線名称だが、同区間に参宮急行電鉄(後の近鉄大阪線山田線)が先行して1930年に開通してしまったため、名松線は1935年に松阪駅から当駅までが開通したに留まり、当駅から先、名張までの区間は建設されないまま現在に至る。なお、駅前から近鉄大阪線名張駅との間に三重交通バスが発着しているが1日1往復のみであり、名松線列車との接続は考慮されていない。伊勢奥津駅~名張駅は、約30kmある。

2009年10月の台風18号による風水害で名松線全線が全面運休となった。松阪駅 - 家城駅間は同月15日に復旧したものの、JR東海は同月29日、家城駅から当駅までの間については復旧が困難として、当分の間、代行バスを運行すると発表(運賃は鉄道輸送のものが適用された)。2016年3月26日、伊勢奥津駅を松阪駅行きの一番列車が出発し、運休から実に6年半ぶりの全線復旧となった[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。構内南側・ホームに隣接して2005年(平成17年)2月に建設された駅舎がある。駅舎は八幡地区住民センターと兼用になっている。かつては島式ホーム1面2線と駅舎横(西側)片面ホーム1線で、3線が給水塔付近ポイントで1線になっていた。新駅舎建設に伴い島式ホームの北側1線となり2線が撤去された。松阪駅管理の無人駅。構内には蒸気機関車時代の給水塔が残る。

20時台に当駅終着の列車があるが、当駅での車両の停泊は行われず、松阪駅まで回送運転している。国鉄時代は滞泊運用が2本設定されていた。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである[4]。なお、2009年度~2015年度は、2009年10月から2016年3月まで行なわれていたバス代行輸送分を含んでいる。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 66
1999年 64
2000年 68
2001年 76
2002年 68
2003年 64
2004年 64
2005年 61
2006年 56
2007年 50
2008年 43
2009年 38
2010年 29
2011年 24
2012年 26
2013年 26
2014年 21
2015年 24
2016年 43
2017年 30
2018年 29
2019年 26

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

三重交通運営

「奥津駅前」バス停(三重交通)
  • 31系統(毎日運行。奥津駅前 - 飯垣内(はがいと) - 名張駅前
    • 2020年1月時点、名張駅前行き7:11発(列車と接続なし)、飯垣内(津市美杉町の名張市境手前止め)行き18:53発。
「伊勢奥津駅前」バス停(津市コミュニティバス
  • 川上ルート(毎日運行。川上 - 伊勢奥津駅前 - 美杉総合支所前 - 伊勢鎌倉駅前 - 白山高校前 - マックスバリュ川口店)
  • 逢坂・飼坂ルート<丹生俣 - 三多気>(平日のみ運行。丹生俣 - 伊勢奥津駅前 - 寺村 - 三多気集会所前 - 寺村 - 美杉総合支所前)
  • 逢坂・飼坂ルート<医療クリニック - 飯垣内>(平日のみ運行。津市家庭医療クリニック北 - 伊勢奥津駅前 - 寺村 - 飯垣内)
    • 飯垣内行き11:31発は、飯垣内にて三重交通31系統名張駅前行に接続。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
名松線
比津駅 - 伊勢奥津駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、26-27頁。
  2. ^ a b “お帰りなさい名松線 6年半ぶり全線復旧”. 中日新聞. (2016年3月26日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016032690113654.html 2016年3月26日閲覧。 
  3. ^ 津市伊勢奥津駅前観光案内交流施設”. 三重県観光連盟. 2021年4月3日閲覧。
  4. ^ 三重県統計書 - 三重県

関連項目[編集]