示現舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
示現舎
正式名称 示現舎合同会社[1]
英文名称 Jigensha, G.K.
現況 事業継続中
種類 合同会社
出版者記号 9905787, 908348
法人番号 5020003010650
設立日 2015年11月18日
代表者鳥取ループ”宮部龍彦[2]
本社郵便番号 〒214-0034[1]
本社所在地 神奈川県川崎市多摩区三田4-1-11 塩山荘5号室[1][3]
資本金 100万円
電子書籍 有り
出版以外の事業 インターネット上での情報提供
自費出版サービスの提供、コンサルティング
外部リンク http://jigensha.info/
Twitter https://twitter.com/jigensha
テンプレートを表示

示現舎合同会社(じげんしゃごうどうがいしゃ)は、日本出版社である。「部落問題在日韓国・朝鮮人問題、アイヌLGBTなど、メディアの自主規制によりまともに議論できない問題(報道におけるタブー)の核心に踏み込み、真のジャーナリズム言論の自由表現の自由を実現する」ことを目的として掲げている[4]2010年から2012年にかけて、『月刊 同和と在日』を刊行していた[4]。また「ネットの電話帳」の管理者でもある。

「神奈川県人権啓発センター」を主宰する[5]

全国部落調査復刻版[編集]

2016年4月1日に『全国部落調査』の復刻をホームページで予告した。同年3月22日、この動きに対して部落解放同盟ならびに執行委員長組坂繁之ら5人[6]は「差別を助長する」として横浜地方裁判所に出版の禁止を求める仮処分を申し立て、3月28日これを認める決定が出された[7]。示現舎は東京高裁に抗告を申し立てたが却下[8]。同年5月21日、東京地方裁判所から訴状および関連文書が送達された[9]。部落解放同盟および212名の「被差別部落出身者」が、示現舎に対して全国部落調査の公表中止と2億3320万円の損害賠償の支払いを求めるものであった[9]

同年6月10日、部落解放同盟全国連合会(全国連。解放同盟本家とは異なる団体)から示現舎に「糾弾状」が郵送された[10]。訴額は3630万円が加えられ、合計2億6950万円となった[10]。糾弾状には「確信犯には実力糾弾も辞さない」「やってもいいんだ!」などと記されていたとされる[10]

見解[編集]

鳥取ループこと宮部龍彦は「出版するということは、いろんな人に見て欲しいっていうところがあるんです」と述べている[11]

ノンフィクション作家の上原善広は「ぼくはこの出版自体は良いことだと思います」と述べている[12]

部落探訪[編集]

「部落探訪」とは全国各地の被差別部落に潜入し、所在地や特徴が一目でわかるような写真をインターネット上に大量に掲載したもので、2015年12月から開始された。部落解放同盟東京都連合会は東京法務局に対して「部落探訪」の削除要請をおこなっている[13]

2019年3月、同和地区の地名等を掲載するサイトには学術・研究目的を除き削除要請をする方針を法務省が打ち出したが、鳥取ループこと宮部龍彦は「後世に残すべき資料としての学術的価値の高い部落探訪シリーズは例外であることが明らかなので、他の低質なサイトを見ることなくぜひ本サイトを御覧いただきたい」と述べている[14]

代表社員[編集]

代表社員は「鳥取ループ」こと宮部龍彦である。宮部は自らを鳥取県東部の同和地区出身者であると述べ、個人の同和マニアとして趣味で同和について研究しているとする[15]。同和地区の場所を晒す理由については「様々だが、第一に同和はタブーだと思い込んでいる人をおちょくるため」と述べている[15]。また「差別をばら撒いている」との指摘に対して「差別ではなく、平等をばら撒いております」と述べている[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 弊舎所在地
  2. ^ 示現舎について
  3. ^ 示現舎合同会社(神奈川県) 全国法人データベース、(一社)信州福祉情報技術会
  4. ^ a b 示現舎とは何か
  5. ^ トップページ表記
  6. ^ 全国部落調査の出版禁止を横浜地裁に申し立てたのは… 鳥取ループ、2016年3月28日
  7. ^ “被差別部落本出版差し止め 横浜地裁が仮処分決定”. 産経新聞. (2016年3月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160328/afr1603280065-n1.html 2016年5月8日閲覧。 
  8. ^ 東京高裁第9民事部決定 出版禁止を維持
  9. ^ a b 解放同盟との裁判の日程が決まりました(2016年5月25日)、示現舎公式サイト。
  10. ^ a b c 全国連から「糾弾状」が送られてきました(2016年6月13日)、示現舎公式サイト。
  11. ^ 第2回口頭弁論 宮部龍彦の記者会見。
  12. ^ 「全国部落調査」発刊について(2016年2月12日)、全身ノンフィクション作家公式サイト。
  13. ^ 示現舎のネット記事「部落探訪」削除を〜都連が東京法務局に要請 東京『解放新聞』2018年10月1日、部落解放同盟中央本部公式サイト。
  14. ^ 学術・研究: 部落探訪(120)東京都八王子市泉町(2019年3月29日)、示現舎公式サイト。
  15. ^ a b 鳥取ループとは? 鳥取ループ公式サイト
  16. ^ 2019年1月8日16時47分

外部リンク[編集]