川崎貴弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川崎 貴弘
Chunichi kawasakitakahiro 20150322.JPG
中日時代
(2015年3月22日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県津市
生年月日 (1993-08-02) 1993年8月2日(24歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト5位
初出場 NPB / 2013年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

川崎 貴弘(かわさき たかひろ、1993年8月2日 - )は、三重県津市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年から西が丘スポーツ少年団でソフトボールを始める。津市立橋北中学校時代は軟式野球部に所属。

高校は、進学高である津東高に進学。2年夏は、三重県予選2回戦で敗退も、1回戦の名張高戦で5回参考完全試合を達成[1]

3年夏は、三重県予選3回戦でシード校の皇學館高に1-0で勝利するも、続く4回戦で津高に3-7で敗れる。結局、在学中には春夏とも、阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。

2011年プロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから5巡目で指名[2]。契約金2,700万円、年俸540万円(年俸は推定)という条件で入団した。背番号は51

中日時代[編集]

2012年には、ウエスタン・リーグ公式戦14試合に登板。0勝2敗、防御率3.80を記録した。

2013年には、ウエスタン・リーグ公式戦19試合に登板。1勝1敗、防御率4.66という成績を残すと、10月1日の対阪神タイガース戦(甲子園)7回裏に4番手投手として一軍デビューを果たした。しかし、一軍公式戦への登板は、この試合だけにとどまった。

2014年には、ウエスタン・リーグ公式戦15試合に登板。1勝2敗、防御率7.00と振るわず、一軍公式戦への登板機会はなかった。シーズン終了後には、球団から支配下選手契約の解除を通告された[3]12月2日NPBから自由契約選手として公示された[4]が、同月13日には、育成選手として再契約[5]。背番号も201に変更した。

2015年には、3月30日から[6]10月6日まで[7]香川オリーブガイナーズ四国アイランドリーグplus)に派遣。香川では、主に先発投手として[8]リーグ戦17試合に登板すると、5勝5敗、防御率2.95という成績を挙げた[9]。6月には、リーグ選抜チームの一員として、リーグ主催の北米遠征に参加している[10]

2016年には、4月1日から9月30日まで福島ホープスルートインBCリーグ)へ派遣[11]。2年連続で、日本国内の独立リーグでのプレーを経験した。福島では、リーグ戦19試合の登板で、3勝5敗、防御率6.24をマーク。しかし、派遣期間満了後の10月1日に、球団から戦力外通告を受けた[12]10月31日付で、NPBから自由契約選手として公示[13]

中日退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式の対戦で、打者3人を無安打に抑えるとともに、1つの三振を奪った[14]

選手としての特徴[編集]

手足の長い長身細身の本格派右腕。最速143km/hの伸びのあるストレート、キレのあるスライダーが武器[15]

中日からのドラフト指名時点では、スカウト部長の中田宗男が「2、3年鍛えれば凄い選手になるかもしれない」と表現するほど、打撃・身体面での評価も高かった[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 6 1 1 0 2 0 0 1 0 0 1 1 9.00 3.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 6 1 1 0 2 0 0 1 0 0 1 1 9.00 3.00
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]












































2015 香川 2.92 18 5 5 0 1 0 0 98.2 417 74 2 77 46 5 33 32 4 0
2016 福島 6.24 19 3 5 0 0 0 0 62.0 291 68 6 26 37 3 53 43 5 0
IL:1年 2.92 18 5 5 0 1 0 0 98.2 417 74 2 77 46 5 33 32 4 0
BCL:1年 6.24 19 3 5 0 0 0 0 62.0 291 68 6 26 37 3 53 43 5 0

背番号[編集]

  • 51 (2012年 - 2014年)
  • 201 (2015年 - 2016年)
  • 14 (2015年) ※香川オリーブガイナーズでの背番号
  • 11 (2016年) ※福島ホープスでの背番号

脚注[編集]

  1. ^ 中日5位川崎「エースになる」”. nikkansports.com (2011年10月28日). 2012年5月15日閲覧。
  2. ^ ドラフト会議速報 Vol.5”. 中日ドラゴンズ (2011年10月27日). 2012年5月15日閲覧。
  3. ^ オリックス・八木ら戦力外 日本ハム時代の06年に新人王スポーツニッポン2014年10月29日配信
  4. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  5. ^ 川崎投手、育成選手契約のお知らせ 中日ドラゴンズ公式サイト 2014年12月13日閲覧。
  6. ^ 香川OG 中日ドラゴンズ川崎貴弘選手派遣受入れのお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年3月30日)
  7. ^ 中日ドラゴンズ川崎貴弘選手派遣終了のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年10月6日)
  8. ^ 野球西国巡り第223回 - SPORTS COMMUNICATIONS(2015年6月2日。執筆は香川コーチの伊藤秀範
  9. ^ 投手成績(全選手) - 四国アイランドリーグplus(2015年9月25日閲覧)
  10. ^ 北米遠征選抜チーム「四国アイランドリーグplus ALLSTARS」メンバー発表! - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年5月29日)
  11. ^ 川崎貴弘投手をルートインBCリーグへ派遣‐中日ドラゴンズ公式サイト 2015年3月30日配信
  12. ^ 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  13. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  14. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ プロでの活躍誓う 津東高・川崎貴弘投手”. asahi.com (2011年12月9日). 2012年5月15日閲覧。
  16. ^ 中日の隠し玉は万能型187cm 三重のダル”. nikkansports.com (2011年10月24日). 2012年5月15日閲覧。
  17. ^ a b スコア速報 阪神対中日(2013年10月1日) 日刊スポーツ、2013年10月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]