初瀬街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

初瀬街道(はせかいどう)は奈良県桜井市初瀬三重県松阪市の六軒を結ぶ街道。以前は参宮表街道とも呼ばれた[1]

現在の桜井市宇陀市名張市伊賀市津市松阪市を通る。現在は国道165号が初瀬街道と呼ばれることがある。

成り立ち・歴史[編集]

古代からの道で壬申の乱の際、大海人皇子(天武天皇)が通った道でもある。大和と伊勢神宮とを結ぶ道路のうち、比較的平地が多い街道としてよく利用されていた[1]。また江戸時代には国文学者である本居宣長も歩いており、その様子は彼の著書である菅笠日記に記されている。

経路[編集]

  • 桜井市
  • 宇陀市
    • 萩原 (伊勢本街道との分岐・追分)
  • 名張市
  • 伊賀市
    • 阿保 - 伊勢路
  • 津市
    • 垣内 - 二本木 - 大仰 - 八太
  • 松阪市
    • 六軒

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 前田和夫「伊勢参宮街道筋の青山峠の対向集落の変貌 -交通変遷による影響-」、『人文地理』第14巻第3号、人文地理学会、1962年、 309-314頁、 doi:10.4200/jjhg1948.14.309

関連項目[編集]

外部リンク[編集]