滝新橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道451号標識

滝新橋(たきしんばし)は、北海道滝川市樺戸郡新十津川町の間の石狩川に架かる国道451号滝新バイパス)の道路橋梁。長さ754.0m、幅15.0m。

概要[編集]

石狩川橋に交通が偏っている状況を解消する滝新バイパス建設に合わせて計画された橋である。2002年3月29日、開通。この橋の東側に函館本線を越える滝新高架橋が、西側には三日月湖に架かる文教橋が同時に開通した。 近くに航空公園(たきかわスカイパーク)のグライダー滑走路があるため、背の低い街灯(4.5m)が設置されているのが特徴である。

地理[編集]

石狩川河口より数えて11番目に位置する橋であり、上流側には石狩川橋が、下流側には砂川大橋が架かっている。

座標: 北緯43度32分27秒 東経141度53分23.1秒