高宮町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高宮町
Flag of Takamiya Hiroshima.gif Takamiya Hiroshima chapter.jpg
町旗 町章
廃止日 2004年3月1日
廃止理由

新設合併
高田郡甲田町、高田郡高宮町
高田郡美土里町、高田郡向原町、
高田郡八千代町、高田郡吉田町

→安芸高田市
現在の自治体 安芸高田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
高田郡
団体コード 34384-5
面積 124.46km2
総人口 4,568
(2003年3月31日)
隣接自治体

三次市、高田郡甲田町、高田郡美土里町、

高田郡吉田町、双三郡作木村島根県邑智郡羽須美村
町の木 ユズノキ
町の花 ササユリ
高宮町役場
所在地 739-1802
広島県安芸高田市高宮町佐々部983-2
特記事項 町役場のデータは安芸高田市役所高宮支所のものである。
 表示 ウィキプロジェクト

高宮町(たかみやちょう)はかつて広島県高田郡に存在した町である。

2004年3月1日に高田郡の全6町(甲田・高宮・美土里向原八千代吉田各町)が合併(新設合併)して発足した安芸高田市に移行したことに伴い消滅した。同時に高田郡も消滅した。

町名の由来[編集]

沿革[編集]

  • 中世まで - 高宮郡が高田郡に吸収されて一旦消滅。
  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。高田郡川根・来原(くるはら)・船佐の各村が成立。
  • 1956年9月30日 - 川根・来原・船佐各村が合併(新設合併)して高宮町が発足する。
  • 2004年3月1日 - 高田郡の全6町が合併(新設合併)して発足した安芸高田市に移行したことに伴い消滅する。同時に高田郡も消滅する。

歴代町長[編集]

  • 香川静樹( - 1980年在任)
  • 児玉更太郎:(1980年 - 2004年まで在任)来女木出身。前全国町村会副会長なども歴任。廃町まで在任。市制施行後、初代の安芸高田市長

主要施設[編集]

  • 田園パラッツォ…文化ホール、図書館、民俗資料館を併設した施設。

地理[編集]

河川[編集]

[編集]

  • 熊谷山(512.4m)
  • 面山(486.6m)
  • 大仙山(390.2m)

名所・旧跡[編集]

産業[編集]

  • 農業(多くの町民は兼業農家として、農業と別の収入で生計を立てている)

大字(2004年2月29日当時のデータ)[編集]

  • 川根(かわね)
  • 来女木(くるめぎ)
  • 佐々部(ささべ)
  • 羽佐竹(はさだけ)
  • 原田(はらだ)
  • 船木(ふなき)
  • 房後(ぼうご)

交通(2004年2月29日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

JR三江線[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]

教育(2004年2月29日当時のデータ)[編集]

小学校[編集]

  • 高宮町立川根小学校
  • 高宮町立来原小学校
  • 高宮町立船佐小学校

中学校[編集]

  • 高宮町立高宮中学校

高等学校[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]