広島県道64号三次美土里線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道64号標識
広島県道64号 三次美土里線
主要地方道 三次美土里線
路線延長 20.4 km
起点 三次市粟屋町【地図
終点 安芸高田市美土里町横田【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0054.svg 国道54号
Japanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道4号標識
広島県道4号甲田作木線
中国自動車道
Japanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道6号標識
広島県道6号吉田邑南線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

広島県道64号三次美土里線(ひろしまけんどう64ごう みよしみどりせん)は、広島県三次市粟屋町と同安芸高田市美土里町横田を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1960年(昭和35年)10月10日 - 広島県告示第682号により広島県道39号金屋三次線(一般県道)として認定される。
  • 1972年(昭和47年)11月1日 - 県道番号再編により広島県道178号金屋三次線に改称する。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 建設省(当時)告示第935号により広島県道178号金屋三次線の大部分が主要地方道三次美土里線に指定される。
  • 1982年(昭和57年)8月12日 - 広島県告示第848号により広島県道64号三次美土里線が認定される。
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から、県道三次美土里線が三次美土里線として主要地方道に再指定される[1]
  • 2004年(平成16年)3月1日 - 高田郡の全6町(甲田高宮美土里向原八千代吉田各町)が対等合併して安芸高田市が成立したことに伴い終点の地名表記が高田郡美土里町横田から安芸高田市美土里町横田に変更される。

路線状況[編集]

1999年(平成11年)ごろは広島県道・島根県道4号甲田作木線との交点から東側は、ほぼすべての区間が未改良だったが、10年ほどで大幅に改良が進み、2013年時点では、安芸高田市高宮地域と甲田地域の境の区間(この区間も1.5車線程度の幅はある。)が未改良区間として残っている程度で、大幅に道路状況は改善された。

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]