由宇町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆうちょう
由宇町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設
岩国市・由宇町玖珂町本郷村
周東町錦町美川町美和町岩国市
現在の自治体 岩国市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
玖珂郡
団体コード 35322-1
面積 29.18km2.
総人口 9,451
(2005年10月1日国勢調査)
隣接自治体 岩国市柳井市玖珂郡玖珂町
町の木
町の花 百合
町の鳥 カワセミ
由宇町役場
所在地 740-1423
山口県玖珂郡由宇町5920番地1
外部リンク 由宇町役場
 表示 ウィキプロジェクト

由宇町(ゆうちょう)は、山口県東部の玖珂郡にあった2006年3月20日、隣接していた岩国市などと合併し、新たに岩国市となった。

広島東洋カープの2軍の練習場がある。

地理[編集]

隣接する自治体[編集]

概要[編集]

  • 気候は温暖といえる。地勢として由宇川沿いの中・下流域と旧神代村の神東地区を合併した地域となっている、町内最高地は銭坪山であり大将軍の峰を併立させている。平野部は比較的少なく、由宇川沿いと下流に広がる沖積部に見られるが、地名の表すように人情は豊かである。地名の起こりは中流にある温泉にあり、“ゆ”がいつか“ゆう”と呼び慣わせたのであろう。産業としては1次産業の農水産業が基にあり、かっては、由宇村として由宇川沿いの活動中心的勢いを持っていた。物流の手段としては人馬が中心であったが、由宇川上流の伊陸の錦までは小舟で荷を上げていたと云う(終戦後に川幅が広く整備され、上流からの堆積物が少なくなったため川底の低下により、小舟の行き来出来るとは想像出来ない)。
  • 社会の近代化に伴い、周東地方の米の集散地として、廻船問屋・汽船会社や米問屋・精米業が繁栄し、由宇銀行が設立されるなど農村的中心地の地位をなしたのち、岩国の近郊として織物産業が盛んになり栄えた。繊維不況の後は広島の衛星地として自動車関係の製造業が挙げられ、バランスのとれた発展をしている。

歴史[編集]

地名の由来など[編集]

  • 平安時代に温泉地として栄えていたという説がある。
  • 関ヶ原の合戦のあと、岩国藩主吉川広家が、岩国が整備されていないため、最初は由宇に居住した。
  • 江戸時代に、周防由宇代官所がおかれ、海土路、藤生、黒崎、青木、保津、通津、長野、由宇、日積、神代、大畠、の11ヵ村を管轄した。

沿革[編集]

産業[編集]

漁業[編集]

  • 由宇漁港

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主要施設[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]