由宇駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
由宇駅
駅舎
駅舎
ゆう
通津 (3.0km)
(5.2km) 神代
所在地 山口県岩国市由宇町南一丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
キロ程 361.6km(神戸起点)
電報略号 ユウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
881人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1897年明治30年)9月25日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

由宇駅(ゆうえき)は、山口県岩国市由宇町南一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅ホームから改札口を望む。2016年

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式の1番ホーム側にあり、島式の2・3番ホームへは跨線橋で連絡している。

徳山地域鉄道部が管理し、JR西日本関連会社のジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅みどりの窓口が設置されている。ICOCAは未対応である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 山陽本線 上り 岩国広島方面 一部2番のりば
2・3 下り 柳井徳山方面  
  • 本稿では公式サイトの広島エリア路線図[9]に従いラインカラーを表記しているが、2017年3月改正時点では駅掲示時刻表に限り、岩国駅以東からの延長のような形で赤いラインカラーシンボル(アルファベットなし)が使われている。
  • 上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線である。2016年現在は当駅始発の岩国・広島方面行きと下りの貨物列車の通過待ちに使われるが、かつては上り「あさかぜ」の通過待ちにも使われたことがある[注 2]

駅周辺[編集]

由宇川の河口に近く、由宇港も近くにある。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,343
2000 1,308
2001 1,278
2002 1,233
2003 1,216
2004 1,236
2005 1,163
2006 1,110
2007 1,094
2008 1,093
2009 1,047
2010 980
2011 982
2012 954
2013 937
2014 870
2015 881

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
通津駅 - 由宇駅 - 神代駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の「通勤ライナー」に相当。
  2. ^ 2003年10月1日改正のダイヤを例に挙げると、普通列車が柳井18:48発→由宇19:06着19:12発→岩国19:28着[10]に対し、あさかぜが柳井18:56発→由宇(通過)→岩国19:21着[11]となっており、当駅で退避が行われている。

出典[編集]

  1. ^ 国鉄監修・交通公社の時刻表 1986年11月号
  2. ^ JR時刻表 1999年2月号
  3. ^ JR時刻表 2003年10月号
  4. ^ JR時刻表 2004年10月号
  5. ^ JR時刻表 2009年3月号
  6. ^ JR時刻表 2011年3月号
  7. ^ JR時刻表 2015年3月号
  8. ^ 由宇駅の発着「それ行けカープ」に”. 中国新聞 (2017年5月21日). 2017年5月20日閲覧。
  9. ^ 広島エリア路線図 (PDF)”. JRおでかけネット. 2017年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。 (PDF)
  10. ^ 普通566M, JRおでかけネット, オリジナルの2004-03-01時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040301003139/http://www.jr-odekake.net:80/eki/time_02/train/700791.htm 
  11. ^ 寝台特急あさかぜ, JRおでかけネット, オリジナルの2004-02-28時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040228043715/http://www.jr-odekake.net:80/eki/time_02/train/454374.htm 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]