錦町 (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設
岩国市・由宇町玖珂町本郷村周東町錦町美川町美和町岩国市
現在の自治体 岩国市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
玖珂郡
団体コード 35326-4
面積 210.32km2.
総人口 3,793
(2005年10月1日国勢調査)
隣接自治体 周南市
玖珂郡本郷村美川町
広島県廿日市市
島根県益田市鹿足郡吉賀町
錦町役場
所在地 740-0724
山口県玖珂郡錦町大字広瀬6748番地
外部リンク 岩国市役所
 表示 ウィキプロジェクト

錦町(にしきちょう)は、山口県の北東部にあった2006年3月20日、岩国市および玖珂郡内の町村(和木町を除く)と合併し、新たに岩国市となり、町域は岩国市錦町(にしきまち)となった。

錦川沿いと、宇佐川沿いに集落が点在する。

地理[編集]

山口県で最も標高の高い地域にあり、県内一番の寂地山がある。錦川とその支流の宇佐川が町内を流れ、その川沿いに町が開けている。宇佐川の支流である寂地川は、名水百選にも選ばれ、美しい清流と緑を求める人が夏季には集まる。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

宇佐城は、昔の地頭の居城として有名だが、天正年間には、刀禰[24]大倉左衛門尉が住み、処務をこなしていた。ところが、この男は私欲深く、宰判の農民は困苦していた。ある日、広兼兵衛助というものが大倉左衛門尉の所へ行ったが、口論刃傷に及び、ついに兵衛助左衛門は討たれてしまった。そこで、兵衛の一子松之助が大いに怒り、速やかに父の恨みを晴らそうとした。そこで、一族の弘民部太夫恒国藤左衛門、国本孫太郎と三人で相談したが、まだ、力が足りないと考えて、大原村の宇佐川孫兵衛(宇佐郷を開拓した土豪の子孫)に助太刀を頼んだ。本望を達したならば、刀禰の給料を渡すことを約束して日取りを決めた。ところがその日になって、孫兵衛が遅れてしまった。仕方なく、三人で大倉の家に乱入して戦いを挑み、数刻後終に左衛門尉をはじめ、その子道満と奴僕隼人弥九郎を討ち取った。ところが、嫡子の智元がその場を抜け出し、深谷に逃げ隠れた。この三人はその後を追い、丸子山という高山で刺し殺した。ついに復讐を果たし、大倉一家と奴僕七人の死体を穴に埋めて、石を積んでその印とし、七人墓と呼んだ。しかし、その後、大倉の霊が村民に祟って災いをなしたので、その霊を神に祭って霊を鎮めた。これを黄幡社という。その後、智元を討ち取った丸子山を、智元の丸子と呼ぶようになった。

沿革[編集]

交通[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

鉄道[編集]

教育機関[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

出身者[編集]