松好貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松好 貞夫(まつよし さだお、1899年 - 1982年10月19日[1])は、日本日本経済史学者、東京都立大学名誉教授流通経済大学名誉教授。

滋賀県生まれ。1925年同志社大学法学部卒。大阪市職員として「明治経済市史」の編纂にあたり、次いで、大蔵省明治財政史編纂所に勤務した[2]1949年、「新田の研究」で、同志社大学経済学博士[3]。東京都立大学教授。1966年定年退官、名誉教授、流通経済大学教授

著書[編集]

  • 土佐藩経済史研究』日本評論社 1930 
  • 『日本両替金融史論』文芸春秋社 1932 のち柏書房 
  • 『新田の研究』有斐閣・日本経済史研究所研究叢書 1936
  • 『両替商金融史 第3部 (明治維新後に於ける両替商金融)』金融研究会 1937
  • 『近世の産業と両替商金融』金融研究会 1938
  • 経済史概論』三和書房 1950
  • 『土地経済の発展類型』同志社大学出版部 1952
  • 『村の記録』1956 岩波新書
  • 『金貸と大名弘文堂・アテネ新書 1957
  • 太閤百姓』1957 岩波新書
  • 『北涯の悲劇』雄山閣出版 1960
    • アイヌ人物語 北涯の悲劇』雄山閣出版 1970
  • 天保義民』1962 岩波新書
  • 『金持大名貧乏大名』人物往来社 1964
    • 『大名やりくり帖 金持大名・貧乏大名』新人物往来社 1970
  • 関ヶ原役 合戦とその周辺』人物往来社 1964
  • 『戦国の軍資金』人物往来社 1964
  • 『太閤軍記』人物往来社 1965
  • 『黄金と落城 戦国の軍資金』新人物往来社 1970  
  • 明治絶対主義の経済と金融』勁草書房 1971
  • 大坂落城 浅井三代と豊臣家』新人物往来社 1975
共編
  • 『日本輸送史』安藤良雄共編著 日本評論社 1971

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 遠藤佐々喜「松好貞夫著「日本兩替金融史論」を味ふ, (菊版四四七頁、文藝春秋社刊、四圓五拾錢)」『社會經濟史學』第2巻第11号、1933年2月1日、 1212-1215頁。 NAID 110001214403
  3. ^ 新田の研究 松好貞夫”. 国立国会図書館. 2012年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『大名やりくり帖』1995、著者紹介