海上保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海上保険(かいじょうほけん)は、貨物保険船舶保険を併せた概念であり、主に海上危険による損害を担保するものである。

賠償責任所有権などが被保険利益となるため、対象には荷主、オペレーター、船主、用船社、銀行などがあたる。 国によって、海上危険の概念が異なるため、港湾局を対象とした保険も含むことがある。 近年、サプライチェーン・マネジメント (SCM) 等の考えが普及し、物流全体の保険商品が登場し、必ずしも海上危険のみをカバーするものでなくなっている。

日本における海上保険の位置づけ[編集]

日本は貨物保険、船舶保険のいずれのマーケットでも重要な地位を占める。大手の損害保険会社の社名でも「東京海上日動火災保険」「三井住友海上火災保険」のように「海上」の名を冠している所がある。 船舶保険においては世界第2位のマーケットである。

関連項目[編集]